ナレッジ

IASBがIFRS第8号の改善案を公表

IAS Plus 2017.03.29

国際会計基準審議会(IASB)は、公開草案「IFRS第8号『事業セグメント』の改善」(IFRS第8号およびIAS第34号の修正案)を公表した。それには5つの分野についての修正案が含まれている。コメント期限は、2017年7月31日である。(IAS Plus 2017.03.29)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、公開草案「IFRS第8号『事業セグメント』の改善」(IFRS第8号およびIAS第34号の修正案)を公表した。それには5つの分野についての修正案が含まれている。コメント期限は、2017年7月31日である。


背景

2013年7月、IASBはIFRS第8号「事業セグメント」の適用後レビューを完了した。最終報告書では、本基準の適用の便益は概ね想定どおりであり、総じて本基準はその目的を達成し、財務報告は改善されていると結論付けた。しかしながら、IASBは、改善のために検討の余地があり、さらなる調査が必要ないくつかの問題点を識別した。IASBのその後の議論の結果、5つの問題点に関する明確化および修正の提案が行われ、そのうち1つはIAS第34号「期中財務報告」に関連するものである。

 

提案されている変更

公開草案ED/2017/2「IFRS第8号『事業セグメント』の改善」(IFRS第8号およびIAS第34号の修正案)において提案されている修正は、以下のとおりである。

  • 最高経営意思決定者の説明
    IASBは、以下によって、IFRS第8号を明確化することを提案している。

◆ 最高経営意思決定者は、営業上の意思決定および事業セグメントへの資源の配分やその業績評価についての決定を行う機能であることを強調する。
◆ 最高経営意思決定者は、個人またはグループであることが可能であることを記載する。
◆ 最高経営意思決定者として識別されたグループは、業務執行権のないメンバーを有することが可能であることを記載する。
◆ 企業が最高意思決定者として識別された個人またはグループの肩書きおよび役割の説明を開示することを要求する。
 

  • 報告セグメントの識別
    当該問題点に関連するIFRS第8号の修正案には、以下が含まれている。

◆ 財務諸表で識別している報告セグメントが、企業の報告書の他の部分で識別しているセグメントと異なる場合、その理由の説明を開示することを要求する。
◆ 経済的特徴が類似している事業セグメントの集約の要件について、さらなる例示を追加する。
 

  • 追加のセグメント情報
    IASBは、IFRS第8号は、以下によって明確化されるべきであると考えている。

◆ 特定の状況のもとで、企業は最高経営意思決定者に定期的に提供およびレビューされている情報を超えるセグメント情報を開示することができることを記載する。
 

  • 調整項目の説明
    IFRS第8号のこの問題点は、以下によって修正されることになる。

◆ 利用者がそれらの性質を理解できるように、調整項目に対して十分に詳細な説明が要求されることを明確にする。
 

  • 企業の報告セグメント構成の変更
    IAS第34号に関する修正案において、IASBは以下を提案している。

◆ 企業の報告セグメント構成の変更後、最初の期中報告書は、表示されたすべての期中報告期間の修正再表示されたセグメント情報を含めなければならないことを要求する。

 

発効日および経過措置

本公開草案は、発効日の提案を含めておらず、IASBは、本公開草案後に決定する予定である。ただし、早期適用が認められることはすでに決定している。ただし、IFRS第8号の修正およびIAS第34号の修正は、同時に適用されなければならない。

 

追加情報

下記リンクを参照:

IASBプレスリリース(IASBのWebサイト-英語)
公開草案(IASBのWebサイト-英語)
IFRS in Focus「IASBがIFRS第8号の改善を提案」(デロイト トーマツのWebサイト)
Clarifications arising from the post-implementation review of IFRS 8(IAS Plus-英語)

お役に立ちましたか?