ナレッジ

IASBが意図した使用前の収入に関してIAS第16号「有形固定資産」の修正案を公表

IAS Plus 2017.06.20

国際会計基準審議会(IASB)は、資産を経営者が意図した方法で稼働可能にするために必要な場所と状態に置く間に生産された品目の売却による収入に関し、公開草案「有形固定資産―意図した使用前の収入」(IAS第16号の修正案)を公表した。コメント期限は、2017年10月19日である。(IAS Plus 2017.06.20)

関連コンテンツ

背景

この論点は当初、IFRS解釈指針員会(IFRS-IC)に提起され、当初はIAS第16号「有形固定資産」 の解釈指針を開発することを意図していた。しかし、議論の過程で、IFRS-ICは、IAS第16号の狭い範囲の修正がより良い解決策になると結論付けた。
 

提案されている変更

公開草案ED/2017/4「有形固定資産―意図した使用前の収入」(IAS第16号の修正案)は、有形固定資産を経営者が意図した方法で稼働可能にするために必要な場所と状態に置く間に生産された品目の売却による収入を当該資産の原価から控除することを禁止するために、IAS第16号の修正を提案している。代わりに、企業は、そのような品目の売却による収入およびそれら品目の製造原価を純損益に認識する。
 

発効日および経過措置

本公開草案は、発効日の提案を含めておらず、IASBは、本公開草案後に決定する予定である。ただし、IASBは、早期適用が認められることをすでに決定している。
 

追加情報

下記リンクを参照:
IASBプレスリリース(IASBのWebサイト-英語)
公開草案(PDF:IASBのWebサイト-英語)
IAS 16-Proceeds before intended use(IAS Plus-英語)

お役に立ちましたか?