ナレッジ

IASBが会計方針および会計上の見積りに関するIAS第8号の修正案を公表する

IAS Plus 2017.09.12

国際会計基準審議会(IASB)は、企業が会計方針と会計上の見積りを区別するために役立つように、「会計方針および会計上の見積り」(IAS第8号の修正案)の公開草案を公表した。(IAS Plus 2017.09.12)

関連コンテンツ

国際会計基準審議会(IASB)は、企業が会計方針と会計上の見積りを区別するために役立つように、「会計方針および会計上の見積り」(IAS第8号の修正案)の公開草案を公表した。コメント期限は2018年1月15日である。


背景

IFRSsにおける要求事項、特に、IAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更および誤謬」では、企業が財務諸表において、異なるタイプの会計上の変更をどのように表示および開示すべきかについて区別している。会計上の見積りの変更は、将来に向かって会計処理されるが、会計方針の変更は、遡及的に適用しなければならない。

企業は、会計方針と会計上の見積りを区別することに苦心することがあり、施行者(enforcer)は、多様な実務があることを識別した。その結果、解釈指針委員会は、これらの区別の明確化についての要請を受け取った。解釈指針委員会は、この明確化が役立つことを示し、将来の検討のためにIASBが注目するように本論点を提示した。


提案されている変更

公開草案ED/2017/5 「会計方針および会計上の見積り」(IAS第8号の修正案)で提案された変更は、次の3つに分野に焦点を当てている。

  • 会計方針および会計上の見積りの相互の関係性
     
    ‣ IASBは、「慣行(convention)」および「ルール」の用語がIFRSの他のどこにも使用されていないため、意味が明確ではないと考えたことから、公開草案は、これらの用語を削除することにより、現在の会計方針の定義を明確化することを提案している。また、IASBは、「測定基礎」を代わりに使用することにより、「基礎」の用語を明確化することを提案している。

    ‣ 公開草案は、これまで定義が提供されていなかったため、会計上の見積りの定義を追加することを提案している。この定義は、会計方針は全体の目的であり、会計上の見積りはその目的を達成するにあたって使用されるインプットであることを、「会計上の見積りは、見積りの不確実性のために財務諸表の項目を正確に測定できない場合に、会計方針の適用にあたり使用される判断または仮定である」と規定することにより明確にしている。
  •  見積り技法または評価技法の選択
    公開草案は、ある項目を正確に測定できない場合に使用される見積り技法または評価技法の選択(公開草案は、これらの両方の用語がIFRSにおいて使用されているため、意図的に両用語を使用している)が会計上の見積りを構成することを明確にすることを提案している。
  • IAS第2号「棚卸資産」
    公開草案の開発に当たり、IASBは、代替性のある棚卸資産について、2つの原価算定方式から1つを選択することは、それらの棚卸資産の実際の流れを見積るための試みではなく、したがって、会計上の見積りは構成せず、会計方針の選択であると結論付けた。

さらに、公開草案は、IAS第8号の適用ガイダンスの「設例3 遡及適用が実務上可能でない場合の会計方針の変更の将来に向けての適用」を削除することを提案している。


発効日

本公開草案は、発効日案は含んでおらず、IASBが公開後に決定する予定である。しかし、IASBは、企業が本修正を適用する最初の事業年度の期首以後に発生する会計方針の変更および会計上の見積りにのみ本修正を適用すべきであるとすでに結論付けている。

下記リンクを参照
IASBプレスリリース(IASBのWebサイト-英語)
公開草案(PDF:IASBのWebサイト-英語)
Changes in accounting policies and estimates(IAS Plus-英語)

お役に立ちましたか?