ナレッジ

IASBが、2015-2017年の年次改善サイクルを完了する

IAS Plus 2017.12.12

国際会計基準審議会(IASB)は、「IFRS基準の年次改善2015-2017年サイクル」を公表した。(IAS Plus 2017.12.12)

国際会計基準審議会(IASB)は、「IFRS基準の年次改善2015-2017年サイクル」を公表した。IASBの年次改善プロジェクトの結果として、本公表物には、4つの国際財務報告基準(IFRSs)の修正が含まれている。

「IFRS基準の年次改善(2015-2017年サイクル)」は、以下の基準を修正する。

IFRS
修正事項

IFRS第3号(IAS Plus-英語※1)「企業結合」及びIFRS第11号(IAS Plus-英語※2)「共同支配の取決め」   

IFRS第3号の修正は、企業が共同支配事業である事業の支配を獲得する時に、当該事業に対して従来保有していた持分を再測定することを明確化している。
IFRS第11号の修正は、企業が共同支配事業である事業の共同支配を獲得する時に、当該事業に対して従来保有していた持分を再測定しないことを明確化している。

IAS第12号(IAS Plus-英語※3)「法人所得税」

本修正は、配当(すなわち、利益の分配)についてのすべての法人所得税への影響は、どのように税金が発生するかに関わらず、純損益に認識しなければならないことを明確化している。

IAS第23号(AS Plus-英語※4)「借入コスト」

資産の意図した使用または販売が可能になる後に、特別に行った借入が未返済で残っている場合、一般目的の借入についての資産化率を計算する際に、当該借入は、企業が「一般目的で」借り入れている資金の一部として扱うことを明確化している。

 

IFRS第3号及びIFRS第11号の修正は、公開草案ED/2016/1「事業の定義及びこれまで保有していた持分の会計処理(IFRS第3号およびIFRS第11号の修正案)」(IAS Plus-日本語※5)
に含まれていた。しかし、IASBは、当該修正は年次改善の要件を満たすものと考えており、従って、このサイクルに含まれた。

さらに、公開草案ED/2017/1「IFRSの年次改善(2015-2017年サイクル)」(IAS Plus-日本語※6)には、関連会社または共同支配企業に対する長期持分についてのIAS第28号の修正が含まれていた。当該修正は、IAS第28号の狭い範囲の修正(IAS Plus-日本語※7)として別個に最終化された。

本日公表された修正は、すべて2019年1月1日以後開始する事業年度に発効する。


※1≫IFRS 3 — Business Combinations(IAS Plus-英語)
※2≫IFRS 11 — Joint Arrangements(IAS Plus-英語)
※3≫IAS 12 — Income Taxes(IAS Plus-英語)
※4≫IAS 23 — Borrowing Costs(IAS Plus-英語)
※5≫IFRS in Focus「IASBが事業の定義の明確化および従来保有していた持分の会計処理の修正を提案」(デロイトトーマツのWebサイト)
※6≫IFRS in Focus「IASBが公開草案『IFRSの年次改善2015年-2017年サイクル』を公表」(デロイトトーマツのWebサイト)
※7≫IFRS in Focus「IASBが、関連会社および共同支配企業に対する長期持分(IASを第28号の修正)を公表」(デロイトトーマツのWebサイト)

プレス・リリース(IASBのWebサイト-英語)
Annual improvements-2015-2017 cycle(IAS Plus-英語)
IFRS 3/IFRS 11 — Remeasurement of previously held interests(IAS Plus-英語) 

お役に立ちましたか?