ナレッジ

IASBは、アジェンダ決定に関連して、IAS第8号の修正を提案する

IAS Plus 2018.03.27

国際会計基準審議会(IASB)は、会計方針の変更がIFRS適用指針委員会により公表されたアジェンダ決定の結果である場合に、会計方針を完全に遡及適用をすることについて救済措置をとり、新たなより低い閾値を導入する。

国際会計基準審議会(IASB)は、IFRS解釈指針委員会により公表されたアジェンダ決定の結果である会計方針の変更を考慮して、公開草案「会計方針の変更」(IAS第8号に提案されたの修正案)に関する公開草案を公表した。コメントの募集期間は2018年7月27日までである。

 

背景

IAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」を適用する際、その変更がIFRSにより要求されているものであるか、または財務諸表の利用者に提供される情報の有用性を改善する結果となる変更である場合にのみ、企業は会計方針を変更する。しかしながら、企業が会計方針を任意に変更する一般的な理由には、IFRS解釈指針委員会により発行されたアジェンダ決定に含まれる、強制力のない説明的な文書を反映するものがある。

アジェンダ決定の結果としての任意の会計方針の変更を促進するために、IASBは、そのような変更の遡及的適用に対する実務上不可能であるという閾値をより低くするために、IAS第8号を修正することを意図している。


変更案

公開草案(ED)2018/01「会計方針の変更」(IAS第8号に提案された修正)で提案されている以下の変更は、コスト便益分析に焦点を当てている。

  • 企業が、IFRS解釈指針委員会によるアジェンダ決定の結果として会計処理方法を変更する場合、コスト便益の評価を行う。すなわち、企業が当該変更の期間固有の影響または累積的影響を算定するためのコストが財務諸表の利用者にとっての予想される便益を上回る場合には、新たな会計方針の変更は遡及的に適用する必要はない。
  • さらに、IASBは基準の中にコスト便益の評価のための関連する適用ガイダンスを含めることを提案している。


発効日

この公開草案に発効日の提案は含まれていない。IASBは公開後、発効日を決定する予定である。


さらなる情報

IASBプレスリリース(IASBのWebサイト-英語)
IASBウェブサイト上の公開草案(IASBのWebサイト-英語)
IFRS in Focus「IASBがIAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更および誤謬」をさらに変更することを提案(デロイト トーマツのWebサイト)
IAS第8号「会計方針の変更」についてのIAS Plusプロジェクト(IAS Plus-英語)
ASBJのサイト、IAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更および誤謬」の和訳(ASBJのサイト)

お役に立ちましたか?