ナレッジ

IASB、IFRS第17号のさらなる修正候補を決定    

IAS Plus 2019.02.07

IASBはロンドンで開催された会議で、IFRS第17号「保険契約」と、2018年10月に修正候補として識別されたIFRS第17号に関する25項目の懸念事項のうち4項目について議論し、IFRS第17号を修正することを暫定決定した。

IASBはロンドンで開催された会議で、IFRS第17号「保険契約」と、2018年10月に修正候補として識別されたIFRS第17号に関する25項目の懸念事項のうち4項目について議論した。


10月に合意された修正案を評価するための要件を適用して、IASBは以下の結論に達した。

 



2018年10月のIASB会議で識別された論点


2019年2月のアジェンダ・ペーパー(IASBのWebサイト-英語-※1)


スタッフ提案


IASBの暫定決定   



1-重大な保険リスクを移転する貸付金


2A


契約における保険が、契約により創出された債務の一部またはすべての決済に対するのみである保険契約について、企業がIFRS第17号またはIFRS第9号のいずれも適用することを可能にするように、IFRS第17号とIFRS第9号の適用範囲を修正する。


14名中13名がスタッフ提案に賛成(ポートフォリオ・ベース)


23-経過措置:選択制(Optionality)と比較情報


2B


1. 選択肢を減少させることとなる修正をすることなく、IFRS第17号の経過措置を維持する。

2. 修正再表示された比較情報を表示するIFRS第17号の要求事項を維持する。


14名全員がスタッフ提案に賛成


25(8のいくつかの側面)-経過措置:リスク軽減のオプション及び移行時のその他の包括利益に累積した金額




2C

 



1. リスク軽減のオプションの遡及適用の禁止に関連するIFRS第17号の要求事項を維持する。

2. その他の包括利益に含まれる累積金額に関するIFRS第17号の要求事項を維持する。

 



1.については14名中13名がスタッフ提案に賛成(スタッフは、さらなるリサーチを行い、本論点を将来の会議に持ち込む)

2.については14名全員がスタッフ提案に賛成 

 



24-経過措置:修正遡及アプローチ

2D 

 


1. 以下のIFRS第17号の要求事項を維持する。

(a) 企業が関連するIFRS第17号の要求事項を遡及して適用するための合理的で裏付け可能な情報を有する範囲で、企業が修正遡及アプローチにおいて、特定修正(specified modification)を使用することができない。

(b) 企業が当該修正を適用する合理的で裏付け可能な情報を有する場合にのみ、企業は修正遡及アプロオーチにおいて特定修正を使用することができる。
 

2.

(a) 企業が企業自身の修正を開発することを認めるようにIFRS第17号を修正しない。


(b) 以下の通り、保険契約が取得された前に発生した保険金の決済に関連する負債に対するIFRS第17号の経過措置を修正する。

(i) 修正遡及アプローチに、企業にそのような負債を発生保険金に対する負債として分類することを要求する特定修正を追加する。 

(ii) 公正価値アプローチを適用する企業に、そのような負債を発生保険金に対する負債として分類することを選択することを認める。

(c) 発生したことが判明しているキャッシュ・フローの使用に関連する修正遡及アプローチにおける、特定修正を修正しない。

(d) 直接連動有配当契約のグループに対する契約上のサービス・マージンを決定するために、直接連動有配当保険契約以外の保険契約のグループに関連する特定修正を適用することを企業に認めるようにIFRS第17号を修正しない。 

14名全員がスタッフ提案に賛成(追加のガイダンスを含める) 

 

 

 

スタッフからは、残りのトピックは、保険契約の集約のレベル、及びリスク軽減に関する2018年12月の会議の議論に関連する一般モデルの契約に対するリスク軽減のオプションに関する問題であることが示された。スタッフは、残りのトピックと整理論点(sweep issue)についてのペーパーを、2019年3月の会議で提示する予定である。

 

 

※1》 2019年2月のアジェンダ・ペーパー(IASBのWeb サイト-英語)
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お役に立ちましたか?