ナレッジ

IASB、IAS第1号及び重要性に関する実務記述書の修正を提案        

IAS Plus 2019.08.01

IASBは、財務諸表にどの会計方針を開示するかを決定する際に、作成者を支援することを目的とする修正案を含む、公開草案「会計方針の開示」(IAS第1号及びIFRS実務記述書第2号の修正案)を公表した。コメントは2019年11月29日まで募集されている。


国際会計基準審議会(IASB)は、財務諸表にどの会計方針を開示するかを決定する際に、作成者を支援することを目的とする修正案を含む、公開草案「会計方針の開示」(IAS第1号及びIFRS実務記述書第2号の修正案)を公表した。コメントは2019年11月29日まで募集されている。

 

背景

IASBのディスカッション・ペーパー「開示原則」(デロイト トーマツのWebサイト-※1)へのフィードバックは、企業がどの会計方針を開示すべきかを決定する際に、ガイダンスが必要であることを示唆していた。しかし、どの会計方針を開示するかを決定する際には、重要性(materiality)の適用が鍵とはなるものの、IAS第1号 「財務諸表の表示」では重要性(materiality)に言及しておらず、「重要な(significant)」 という用語の定義を定めることなく、「企業が重要な会計方針(significant accounting policy)を開示しなければならない」ことを規定していることに、IASBは留意した。

したがって、IASBは、重要な会計方針(significant accounting policy)ではなく、重要性のある会計方針(material accounting policy)を開示することを要求する、IAS第1号の117項から122項の修正を開発することを決定した。また本修正をサポートするために、IASBは、 IFRS実務記述書第2号「重要性の判断の行使」(デロイト トーマツのWebサイト-※2)に記述されている「4ステップの重要性プロセス」 の会計方針の開示への適用を説明するガイダンス及び設例を開発した。

 

変更案

公開草案ED/2019/6 「会計方針の開示」 (IAS第1号及びIFRS実務記述書第2号の修正案)は、IAS第1号の第117項から第122項を次のように修正することを提案している。 

  • IAS第1号の117項は、企業が重要な会計方針(significant accounting policy)ではなく、重要性のある会計方針(material accounting policy)を開示することを要求するように修正される。
  • 企業がどのように重要性のある会計方針を識別できるかを説明するために、IAS1号の117A項から第117D項が追加される(例えば、報告期間中に会計方針が変更された場合、会計方針がIFRSで認められている選択肢から選択された場合、具体的に当てはまるIFRSが存在せず会計方針がIAS第8号に従って策定された場合、会計方針が重要な判断(significant judgement)及び仮定の領域に関連する場合、または会計方針がIFRSの企業固有の適用を反映している場合)。
  • 企業に 「その他の判断」 についての開示を求める第122項は維持されるが、「重要な会計方針」への参照を 「重要性のある会計方針」 への参照に置き換えるための軽微な修正が行われる。

また、IASBは、企業が会計方針の開示に4ステップの重要性プロセスを適用する際に使用する実務記述書に含める追加のガイダンスを開発した。当該追加ガイダンスは、財務諸表の利用者にとって有用な情報に焦点を当てる必要性を強調し、4ステップの重要性プロセスの適用が以下の2つの問題にどのように対処することが可能かを説明する2つの新しい設例によりサポートされている。

1) 財務諸表にとって重要性のある会計方針において開示されるボイラープレートまたは一般的な情報
2) 会計方針の開示がIFRSの要求事項を繰り返す情報のみが含まれている場合

変更案へのコメントは、2019年11月29日まで募集されている。

 

発効日及び経過措置

IASBは公開期間終了後に決定する予定であるため、公開草案には発効日案は含まれていない。修正案は将来に向かって適用され、早期適用が認められる。
 

反対意見 

Martin Edelmann理事が、公開草案の公表に反対している。Edelmann氏、会計方針は財務諸表の他の情報とは異なるため、重要性が会計方針に適用されるべき概念ではないと考えているからである。また、会計方針にこの概念を適用することにより、重要な情報(important information)が失われる可能性があることを懸念している。

 

さらなる情報

下記リンクを参照:

IASBのプレスリリースの日本語訳(ASBJのWebサイト-日本語)
公開草案(253.64KB,PDF-IASBのWebサイト-英語)

※1》IFRS in Focus 2017.03.31「IASBが、開示原則に関するディスカッション・ペーパーを公表」(デロイト トーマツのWebサイト)
※2》IFRS in Focus 2017.09.14「IASBが、重要性に関する判断の行使に関する実務記述書を公表」(デロイト トーマツのWeb サイト) 

 
 
 
 
 
 
 
お役に立ちましたか?