ナレッジ

IASB、IFRS第10号-第12号の適用後レビューを完了

IAS Plus 2022.06.20  

IFRS第10号「連結財務諸表」、IFRS第11号「共同支配の取決め」およびIFRS第12号「他の企業への関与の開示」の適用後レビューを完了した。本日公表された要約レポートは、これらの基準が意図した通りに機能していることを示している。

国際会計基準審議会(IASB)は、IFRS第10号「連結財務諸表」、IFRS第11号「共同支配の取決め」およびIFRS第12号「他の企業への関与の開示」の適用後レビューを完了した。本日公表された要約レポートは、これらの基準が意図した通りに機能していることを示している。

 

IASBのデュー・プロセス・ハンドブックによると、適用後レビューの目的は以下のとおりである。

  • 公表物の開発中に議論の多かったと識別された重要な論点をレビューする。
  • 直面した予想外のコストまたは適用上の問題点を検討する。

本レビュー中に軽微な論点が識別されたが、どれも高いまたは中程度の優先度とはみなされなかった。優先度が低いものと識別された軽微な論点は以下のとおりである。

  • 投資企業である子会社
  • 投資者と投資先との関係を変化させる取引
  • 「コーポレート・ラッパー」に関わる取引
  • IFRS 第 11 号の範囲に含まれない協力の取決め
  • 他の企業への関与に関する追加の開示

 

IASBは、これらのトピックが次回のアジェンダ協議において高い優先度と判断された場合には、これらを探求する可能性があることに留意した。IASBは、利害関係者が特定の分野において追加のガイダンスが要求されると考える場合には、IFRS解釈指針委員会に質問を提出することも奨励している。

詳細な情報は、IASBのウェブサイトのプレス・リリース(英語)及び最終レポート(英語)を参照いただきたい。さらに、IFRS第10号、IFRS第11号、IFRS第12号の適用後レビューについてのDeloitteのプロジェクト・ページ(英語)も参照いただきたい。

お役に立ちましたか?