ナレッジ

IASBが収益認識に関する新基準を公表

IFRS in Focus 2014.05.28

このニュースレターは、IASBが公表した新基準であるIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」について解説するものである。(IFRS in Focus 2014.05.28)

関連コンテンツ

このニュースレターは、IASBが公表した新基準であるIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」について解説するものである。本稿では、最終基準書における(1)収益認識のための5つのステップを含む主要な要求事項、(2)その他の要求事項と想定される影響、(3)開示要求、(4)発効日及び経過措置を要約している。

IFRS第15号は、2017年1月1日以後開始する報告期間に発効する。

IFRSセンター・オブ・エクセレンス日本は、このニュースレターの日本語訳版を公表した。

『IFRS in Focus -IASBが収益認識に関する新基準を公表』
英語版 (IAS Plus)
--------------------------------------------------------------------------------
『IFRS in Focus』ニュースレター全号へのリンク

(318KB,PDF)
お役に立ちましたか?