ナレッジ

IASBが、個別財務諸表における持分法の使用を許容するIAS第27号の修正を公表

IFRS in Focus 2014.08.12

本ニュース・レターは、IAS第27号「個別財務諸表」の最近の修正を要約している。子会社、共同支配企業および関連会社に対する投資について、個別財務諸表に持分法を使用する選択肢を追加するためにIAS第27号を修正した。(IFRS in Focus 2014.08.12)

関連コンテンツ

本ニュース・レターは、IAS第27号「個別財務諸表」の最近の修正を要約している。子会社、共同支配企業および関連会社に対する投資について、個別財務諸表に持分法を使用する選択肢を追加するためにIAS第27号を修正した。

本基準は、2016年1月1日以後開始する事業年度から遡及的に適用しなければならない。早期適用は認められる。

 IFRSセンター・オブ・エクセレンス日本は、このニュースレターの日本語訳版を公表した。

『IFRS in Focus - IASBが、個別財務諸表における持分法の使用を許容するIAS第27号の修正を公表』

英語版 (IAS Plus)

(226KB,PDF)
お役に立ちましたか?