ナレッジ

IASBが、公正価値で測定される負債性金融商品に関連する繰延税金資産について明確化するIAS第12号の修正を提案

IFRS in Focus 2014.08.29

本ニュース・レターは、2014年8月にパブリック・コメントのために公表された公開草案ED/2014/3によって示された、公正価値で測定される負債性金融商品に関連する繰延税金資産の会計処理を明確化するガイダンスを導入する、IAS第12号「法人所得税」の修正案を要約している。(IFRS in Focus 2014.08.29)

関連コンテンツ

本ニュース・レターは、2014年8月にパブリック・コメントのために公表された公開草案ED/2014/3によって示された、公正価値で測定される負債性金融商品に関連する繰延税金資産の会計処理を明確化するガイダンスを導入する、IAS第12号「法人所得税」の修正案を要約している。

IASBは、本修正案の発効日を提案していない。

本提案のコメント期限は、2014年12月18日である。

IFRSセンター・オブ・エクセレンス日本は、このニュースレターの日本語訳版を公表した。

『IFRS in Focus - IASBが、公正価値で測定される負債性金融商品に関連する繰延税金資産について明確化するIAS第12号の修正を提案』

英語版 (IAS Plus)

(226KB,PDF)
お役に立ちましたか?