ナレッジ

IASBが、IAS第12号の解釈指針案「法人所得税務処理に関する不確実性」を公表

IFRS in Focus 2015.10.28

本IFRS in Focusは、国際会計基準審議会(IASB)によって公表されたIAS第12号「法人所得税」に関する最近のIFRIC解釈指針案DI/2015/1「法人所得税務処理に関する不確実性」(「本解釈指針案」)の内容を要約したものである。(IFRS in Focus 2015.10.28)

関連コンテンツ

本IFRS in Focusは、国際会計基準審議会(IASB)によって公表されたIAS第12号「法人所得税」に関する最近のIFRIC解釈指針案DI/2015/1「法人所得税務処理に関する不確実性」(「本解釈指針案」)の内容を要約したものである。

本解釈指針案は、特定の取引または事象に税法をどのように適用すべきかに不確実性がある場合における、法人所得税負債または法人所得税資産の認識および測定に関する論点を取扱っている。

本解釈指針案に対するコメントは、2016年1月19日が期限である。

IFRSセンター・オブ・エクセレンス日本は、このニュースレターの日本語訳版を公表した。

『IFRS in Focus - IASBが、IAS第12号の解釈指針案「法人所得税務処理に関する不確実性」を公表』

英語版 (IAS Plus)

*********************************************************

IFRSサイト トップページはこちら

 

(288KB,PDF)
お役に立ちましたか?