ナレッジ

IASB が、IAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更および誤謬」をさらに変更することを提案

IFRS in Focus 2018.03.29

本IFRS in Focusは、2018年3月にIASBによって公表された公開草案「会計方針の変更」(IAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更および誤謬」の修正案)を要約したものである。

本IFRS in Focusは、2018年3月にIASBによって公表された公開草案「会計方針の変更」(IAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更および誤謬」の修正案)を要約したものである。コメント期限は、2018年7月27日である。
本公開草案は、企業が、IFRS解釈指針委員会によるアジェンダ決定に対応して会計方針を変更する際に、完全遡及適用の影響を算定するためのコストが利用者にとっての予想される便益を上回ることが立証できる場合には、企業が新しい会計方針を完全遡及適用しないことを認めることを提案している。


IFRSセンター・オブ・エクセレンス日本は、このニュースレターの日本語訳版を公表した。

『IFRS in Focus-IASBが、IAS第8号「会計方針および会計上の見積りの変更及び誤謬」をさらに変更することを提案』


英語版 (IAS Plus) 

*********************************************************

IFRSサイト トップページはこちら

 

(455KB,PDF)
お役に立ちましたか?