ナレッジ

引当マトリクスを使用した営業債権への予想信用損失モデルの適用

A Closer Look 2018.09.27

2018年1月1日以後開始する事業年度に発効するIFRS第9号の予想信用損失に基づく新たな減損モデルの、営業債権に対する適用について説明している。

本A Closer Lookは、2018年1月1日以後開始する事業年度に発効するIFRS第9号の予想信用損失に基づく新たな減損モデルの、営業債権に対する適用について説明している。
重大な金融要素を含んでいない営業債権に対する予想信用損失の見積りには、引当マトリクスを使用することができる。
本A Closer Lookでは、引当マトリクスを使用するための、5ステップ・アプローチを説明している。

 


IFRSセンター・オブ・エクセレンス日本は、このニュースレターの日本語訳版を公表した。

『A Closer Look-引当マトリクスを使用した営業債権への予想信用損失モデルの適用』


英語版 (IAS Plus) 

*********************************************************

IFRSサイト トップページはこちら

 

(1.36MB,PDF)
お役に立ちましたか?