ナレッジ

新型コロナウイルス感染症に関連する会計上の検討事項(10月29日更新版)            

IFRS in Focus 2020.10.29

IFRS基準を適用した財務諸表を作成する際に、以下の項目を含む、企業が検討すべき主要な新型コロナウイルス感染症に関連する論点を解説している。

本IFRS in Focusは、IFRS基準を適用した財務諸表を作成する際に、以下の項目を含む、企業が検討すべき主要な新型コロナウイルス感染症に関連する論点を解説している。

  • 重要な判断および不確実性
  • 継続企業
  • 後発事象
  • 純損益計算書
  • 代替的業績指標
  • 非金融資産の減損
  • 金融商品
  • 顧客との契約からの収益
  • リストラクチャリング計画
  • 不利な契約の引当金
  • 保険による補償
  • リース契約
  • 連結
  • 取得および処分
  • 確定給付制度
  • 株式に基づく報酬
  • その他の従業員給付(解雇給付を含む)
  • 長期のグループ内海外投資
  • 政府援助
  • 法人所得税
  • コベナンツ違反
  • 期中財務報告書
  • 他の会計上の検討事項

 

 

IFRSセンター・オブ・エクセレンス日本は、このニュースレター(2020年10月29日更新版)の日本語訳を公表した。

『IFRS in Focus-新型コロナウイルス感染症に関連する会計上の検討事項』


英語版 (IAS Plus) 

*********************************************************

IFRSサイト トップページはこちら

 

 
 
 
 
 
 
 
 
(1.6MB,PDF)
お役に立ちましたか?