ナレッジ

金利指標改革–フェーズ1(IFRS第9号およびIAS第39号の修正)およびフェーズ2(IFRS第9号、IAS第39号、IFRS第4号及びIFRS第16号の修正)を適用する際の金融商品の開示

A Closer Look 2020.12.02

IASBによって公表された金利指標改革のフェーズ1(IFRS第9号およびIAS第39号の修正)およびフェーズ2(IFRS第9号、IAS第39号、IFRS第4号及びIFRS第16号の修正)を適用する際の金融商品の開示に関する情報を扱っている。

本A Closer Lookは、IASBによって公表された金利指標改革のフェーズ1(IFRS第9号およびIAS第39号の修正)およびフェーズ2(IFRS第9号、IAS第39号、IFRS第4号及びIFRS第16号の修正)を適用する際の金融商品の開示に関する情報を扱っている。「金利指標改革に関するIFRS第9号「金融商品」およびIAS第39号「金融商品:認識及び測定」の修正は2つのフェーズで公表され、両方ともIFRS第7号「金融商品:開示」に新たな開示を導入した。これらの開示とヘッジ会計とリスク管理に関する既存のIFRS第7号の開示を統合する際には注意が必要である。金利指標改革の性質上、異なる金融商品は異なる時期に代替的な指標金利に移行するため、フェーズ1とフェーズ2のIFRS第7号の開示が同時に必要になる可能性がある。


IFRSセンター・オブ・エクセレンス日本は、このニュースレターの日本語訳版を公表した。
 

『A Closer Look-金利指標改革-フェーズ1(IFRS第9号およびIAS第39号の修正)およびフェーズ2(IFRS第9号、IAS第39号、IFRS第4号及びIFRS第16号の修正)を適用する際の金融商品の開示 』

 

  ≫英語版 (IAS Plus)

*********************************************************

   IFRSサイト トップページはこちら

 

 

 

 

(1.32MB,PDF)
お役に立ちましたか?