ナレッジ

IASBは、COVID-19に関連した賃料減免に関する実務上の救済措置を延長するIFRS第16号の修正を公表  

IFRS in Focus 2021.03.31

2021年3月に国際会計基準審議会(IASB)が公表したIFRS第16号「リース」の修正である「2021年6月30日より後のCovid-19に関連した賃料減免」の概要を解説するものである。

本IFRS in Focusは、2021年3月に国際会計基準審議会(IASB)が公表したIFRS第16号「リース」の修正である「2021年6月30日より後のCovid-19に関連した賃料減免」の概要を解説するものである。

  • 2020年5月、IASBは「Covid-19 に関連した賃料減免」(IFRS第16号の修正)を公表し、Covid-19に関連した賃料減免がリースの条件変更であるかどうかを借手が評価することを免除する実務上の便法を、借手に対して提供した。
  • 2020年5月の修正は、実務上の便法を適用する要件の1つが、リース料の減額が当初の期限が 2021年6月30日以前に到来するリース料にのみ影響を与える賃料減免であることであった。
  • Covid-19のパンデミックが続いていることを踏まえ、IASBは、リース料の減額が当初の期限が2022年6月30日以前に到来するリース料にのみ影響を与える賃料減免に実務上の便法を適用することを、借手に対して認めるために、当該日付を延長することとした。
  • 本修正は、2021年4月1日以後に開始する事業年度に適用される。借手は、本修正が公表された日、すなわち2021年3月31日現在で発行が未だ承認されていない財務諸表を含め、本修正を早期適用することが認められる。 企業は、本修正を遡及的に適用する。


IFRSセンター・オブ・エクセレンス日本は、このニュースレターの日本語訳を公表した。
 

『IFRS in Focus-IASBは、COVID-19に関連した賃料減免に関する実務上の救済措置を延長するIFRS第16号の修正を公表』


 ≫英語版 (IAS Plus)
 ******************************************
 IFRSサイト トップページはこちら

 

(378KB,PDF)
お役に立ちましたか?