ナレッジ

IASB は、IFRS第17号の経過措置を修正する 

IFRS in Focus 2021.12.15

2021年7月にIASBが公表した、公開草案ED/2021/8公開草案「IFRS第17号とIFRS第9号の適用開始-比較情報」に示されているIFRS第17号「保険契約」の修正案を解説する。

本IFRS in Focusは、2021年7月にIASBが公表した、公開草案ED/2021/8公開草案「IFRS第17号とIFRS第9号の適用開始-比較情報」に示されているIFRS第17号「保険契約」の修正案を解説する。

  • IASBは、IFRS第17号の経過措置に対する狭い範囲の修正を公表した。
  • IFRS第17号とIFRS第9号を同時に適用する企業に対して、本修正は、IFRS第17号とIFRS第9号の適用開始の際に表示する比較情報が、IFRS第9号について修正再表示されていない(比較対象期間に認識が中止された金融資産を含む)金融資産に関連する。
  • 本修正を適用することにより、IFRS第9号の分類および測定の要求事項が金融資産に適用されたかのように、そのような金融資産に関する比較情報を表示することが認められる。この選択肢は、金融商品ごとに利用可能である。
  • 分類上書きを金融資産に適用する際に、企業は IFRS第9号 の減損の要求事項を適用することは要求されない。
  • 本修正は、IFRS第17号を適用する前に IFRS第9号を適用した企業にも適用可能である。当該企業に対しては、分類上書きは、比較対象期間に認識が中止された金融資産に適用され、企業が IFRS第17号の適用開始の際にどのように資産を指定することを予想するのかに基づいて、 IFRS第17号の再指定の要求事項を適用することを認める。
  • 本修正は、企業がIFRS第17号を初めて適用する時に発効する。

IFRSセンター・オブ・エクセレンス日本は、このニュースレターの日本語訳を公表した。
 

『IFRS in Focus-IASB は、IFRS第17号の経過措置を修正する』


 ≫英語版 (IAS Plus)
 ******************************************
 IFRSサイト トップページはこちら

 

(418KB,PDF)
お役に立ちましたか?