ナレッジ

IASBは、すべての無配当契約の会計処理方法に関する決定を終えた

Insurance Accounting Newsletter 2015.03.16

IFRS草案「保険契約」(2013年の公開草案)のコメント期間は2013年10月25日に終了したが、その後の再審議プロセスは、国際会計基準審議会(IASB)において2つのペースの異なる意思決定活動により進められている。(Insurance Accounting Newsletter 2015.03.16)

関連コンテンツ

IFRS草案「保険契約」(2013年の公開草案)のコメント期間は2013年10月25日に終了したが、その後の再審議プロセスは、国際会計基準審議会(IASB)において2つのペースの異なる意思決定活動により進められている。

1つは、無配当保険契約に係る新たな会計モデルに焦点を当てており、2014年を通じて活動を継続した。この活動は、現時点で実質的に完了しているものと考えられる。

もう1つの活動は、2014年中に再審議を完了する予定であったが、IASBの当初の作業計画から遅延している。複数回の教育セッションを開催した後も、未だに意思決定の段階に至っていない。これは、有配当契約の会計処理に係る議論である。

こうした背景から、本ニュースレターでは、無配当契約に係る会計モデルの決定事項を中心に分析する。

有限責任監査法人トーマツ金融インダストリーグループは、このニュースレターの日本語訳版を公表した。

『Insurance Accounting Newsletter – IASBは、すべての無配当契約の会計処理方法に関する決定を終えた』
英語版 (IAS Plus)

****************************************************************

IFRSサイト トップページはこちら

(1.31MB, PDF)
お役に立ちましたか?