ナレッジ

IBOR改革    

Thinking Allowed 2018.12.04  

このThinking Allowedニュースレターは、各国の銀行間金利(IBOR)改革の状況とIFRS基準におけるIBOR改革による会計上の影響の可能性について取り扱っている。

主要なIBORの将来の変更に伴い、企業はIBORからの移行についての計画を開始している。IBORからの移行は、リスク管理、財務報告、および他のシステム、プロセス、コントロールに影響するが、悪影響を低減するために適切なアクションを取ることができるように、これらの影響について理解する必要がある。

このThinking Allowedニュースレターは、各国の銀行間金利(IBOR)改革の状況とIFRS基準におけるIBOR改革による会計上の影響の可能性について取り扱っている。


IFRSセンター・オブ・エクセレンス日本は、このニュースレターの日本語訳版を公表した。

『Thinking Allowed- IBOR改革』


英語版 (IAS Plus) 

*********************************************************

IFRSサイト トップページはこちら

 

 
 
 
 
(1.35MB,PDF)
お役に立ちましたか?