事例紹介

実績:事業分離

デロイト トーマツ グループの実績(一部)をご紹介します。

「事業ポートフォリオ入れ替えのための事業売却の準備」や「事業の独立性を高めることで価値向上を目指すグループ内分社」において、事業分離の計画策定段階から実行までを一貫して支援します。

関連コンテンツ

デロイト トーマツ グループの実績

業種:電機

クライアントは、業績不振に陥っていた事業の売却交渉を進める中、買い手候補の意向により、譲渡範囲の複雑な切り分け(カーブアウト)を迫られた。

デロイト トーマツは当該カーブアウトに係る切り出し範囲の特定と手法(ストラクチャー)の検討について、財務・税務インパクト等を助言し、譲渡範囲の規定を支援。その後、会社分割により必要機能が子会社に集約され、売却取引が円滑に行われた。

 

業種:電機

クライアントは経営方針を検討するにあたり、各事業の事業売却または継続の意思決定の参考とするため事業別の収益性、資産・負債の状況を把握する必要性があった。しかし、事業別の経営管理が不十分であったため、デロイト トーマツは製販一体の事業別連結財務情報の整備を支援し、クライアントの意思決定に寄与した。

 

業種:放送業

クライアントは、経営合理化を企図して、本体で営むラジオ事業を子会社に承継させることを検討していた。

デロイト トーマツはストラクチャー検討および承継資産・負債の検討支援、プロジェクトマネジメント業務を提供。

 

業種:食品製造

クライアントは、不採算部門の建て直しのために事業分離による製販機能統合を検討していたが、そのために少数株主(創業家)との間での利害調整が必要であった。

デロイト トーマツはプロセス全体の管理(PMO)、カーブアウト財務諸表作成、ストラクチャー検討、利害調整のための企業価値評価、各種財務シミュレーションを実施するなど総合的なサービスを提供。

 

業種:エンジニアリング

クライアントはノンコア事業を同業他社に売却することを検討していたが、事業の切り出しを伴うため、財務情報の開示範囲・方法について苦心していた。

デロイト トーマツはカーブアウト財務諸表の作成を支援するとともに、ストラクチャー検討および契約交渉における助言を提供。

企業再生に関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

>> 企業再生:トップページ << 

お役に立ちましたか?