ナレッジ

調査:カーブアウト(事業分離)の実態調査

A-closer-look-at-carve-outs

デロイトの米国メンバーファーム(Deloitte Financial Advisory Services LLPの子会社であるDeloitte Corporate Finance )は、「子会社もしくは、事業、工場、設備、製造ライン、ビジネスユニット、部署等の事業の一部分の売却」を「カーブアウト(切り出し)」と定義し、その実態調査を行いました。

関連コンテンツ

Divestiture Survey Report

デロイト トウシュ トーマツ リミテッドの米国メンバーファーム(Deloitte Financial Advisory Services LLPの子会社であるDeloitte Corporate Finance )は、「子会社もしくは、事業、工場、設備、製造ライン、ビジネスユニット、部署等の事業の一部分の売却」を「カーブアウト(切り出し)」と定義し、その実態調査を行いました。

 

  • 会社を“カーブアウト”へと動機づける要因は何か?
  • 会社はカーブアウト対象の売却先としてどのような相手を想定し、また、売却先選択のキーファクターとして何を挙げているのか?
  • カーブアウトには、通常、どのような売却プロセスが採用され、ディール実行にどの程度時間を掛けているのか?

 

事業売却におけるこれらの課題にどのように会社は対処しているかを理解するため、過去3年間に1回以上のカーブアウトを実施した会社で働く75名を含む、主要会社の100名のエグゼクティブを対象として、過去3年間に実施したカーブアウト取引事例に関して質問しました。その結果、174のカーブアウト取引事例について調査することができました。

(880KB, PDF)
企業再生、M&Aに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

■ 企業再生:トップページ  ■ M&A:トップページ

お役に立ちましたか?