事例紹介

実績:インデペンデント・ビジネス・レビュー

デロイト トーマツ グループの実績(一部)をご紹介します。

経営不振時など多様なステークホルダーの意向調整や対外的な説明責任が求められる局面において、事業・財務の調査・分析を行い第三者の視点から判断材料を提供することで、関係者の円滑な意向調整を支援します。

関連コンテンツ

デロイト トーマツ グループの実績

業種:化成品
主要顧客の業績悪化に伴い、クライアントの売上高も急激に減少。技術開発に定評があったクライアントは、旧来のビジネスを大幅に縮小し成長が期待される新規事業に傾注する、事業構造の転換を決断。
デロイト トーマツはクライアントの財務内容や事業環境の調査を行い、調査結果を調査報告として取りまとめ、金融機関の当社向け与信判断材料として提示し、資金調達を支援。

業種:ホテル等コングロマリット
地元コングロマリットグループとして、資金繰りに窮する状況になったところ、今後の融資継続の判断のため、主要3行として債務者グループの実態把握が必要と判断。
デロイト トーマツは財務・事業両面にわたる実態把握業務を提供。

業種:金融業
クライアントは傘下子会社にて老人ホーム事業を営んでいるが、特殊な制約条件により累積赤字が継続しており、継続/売却方針の検討に迫られていた。
デロイト トーマツは専門的第三者として外部事業環境および経営資源の状況を分析するとともに経営実態を把握し、将来の事業継続の条件・オプションとなる選択肢の抽出、その実現可能性を検討するとともに、将来収支のシミュレーションを行い、事業継続時および売却時それぞれの戦略オプションごとに経営インパクの評価を実施し、クライアントの経営意思決定をサポート。

業種:医療機関
対象会社は全国で病院・診療所・福祉施設を運営する非営利法人。クライアント(銀行)は取引先への与信判断のため、対象会社のビジネスモデルなら将来収支に危機感を抱いていた。
デロイト トーマツは対象会社の中の主力施設に関して内部環境・外部環境の詳細な分析と損益シミュレーションを提供するとともに、法人としてのビジネスモデルの評価および法人の中期事業計画の評価を行い、クライアントの融資スタンス検討を事業面・財務面の双方からサポート。

業種:サービス
クライアント(金融機関)は取引先への融資額拡大を検討するにあたり、対象会社の業界環境とビジネスモデルに漠然とした不透明感を抱いていた。
デロイト トーマツは対象会社の内部環境・外部環境の詳細な分析と損益シミュレーションを提供し、融資スタンス検討を事業面・財務面の双方からサポート。 

企業再生に関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

>> 企業再生:トップページ << 

お役に立ちましたか?