サービス

IFRS会計基準差異分析サービス

企業が採用している会計方針とIFRSの差異分析により、IFRSを適用した場合の様々な検討課題を整理します。

IFRS会計基準差異分析の意義

IFRSと日本基準の間には、多くの会計基準差異があります。

会計基準差異が存在する場合、その影響は、経理部門による会計処理の変更に留まりません。仕訳や注記データを作成するための情報収集の変更を通じて、各部門の業務手続の変更やシステム改修等が必要となる可能性があります。また、会計上の差異を、経営管理に反映させる必要が生じる場合もあります。

 

会計基準差異を起点に、様々な検討課題が識別されることから、IFRS会計基準差異分析は、IFRS導入プロジェクトを効率的に進めていくうえで、非常に重要な手続です。

デロイト トーマツ グループが提供するサービス

国内外におけるIFRS導入先行企業・同業他社の事例を踏まえ、高品質なサービスを提供します。

・IFRS-日本基準(または米国会計基準)の会計基準差異を網羅的に抽出した、デロイト トーマツ グループの保有するGAAP差異分析表を利用し、効率的なIFRS会計基準差異分析をサポートします。
・関係部署・関係会社等に対する、情報収集や、課題の共有を目的としたワークショップの実施や質問票の作成をサポートします。
・経営管理者等への分析結果の報告資料の取りまとめをサポートします(報告会への出席含む)。