サービス

グループ会計方針策定支援サービス

選択可能な会計方針から会社の実態に応じたものを選択し、グループ会計方針の策定を支援します。

グループ会計方針策定の意義

IFRSは、原則主義の会計基準であり、その適用・運用に関する詳細なガイダンスが規定されていません。

そのため、財務諸表の作成者である企業自ら詳細なグループ会計方針を策定することが必要です。

会計方針策定にあたっては、結論に至った論理的裏付けや根拠情報を整理しておくことが必要です。また、決定したグループ会計方針をわかりやすく文書化し、関係部署・関係会社を含め、グループ全体として運用することが重要です。

デロイト トーマツ グループが提供するサービス

国内外におけるIFRS導入先行企業・同業他社の事例を踏まえ、アドバイスや選択肢を提供し、会社のグループ会計方針の策定をサポートします。

• ワークショップの実施を通じて、選択肢の考慮事項を提示し、グループ会計方針の決定をサポートします。

• 重要な検討の内容をポジションペーパーとして取りまとめます。