サービス

IFRS勘定科目表・グループ統一勘定科目表の作成支援サービス

IFRS勘定科目表および連結財務諸表作成のためのグループ統一勘定科目表の設定を、専門家の立場から支援します。

グループIFRS勘定科目表の設定の意義

IFRSと日本基準との間には、仕訳・勘定科目・注記事項に多くの差異があるため、現行の勘定科目体系を見直す必要があります。

また、IFRSの決算にあたり、全社共通の統一的な会計システムを効果的に利用するには、グループ勘定科目の整理や体系化、運用ルール設定が重要です。また、グループ統一勘定科目表の整備により、IFRS導入後の業務効率化の達成が可能となります。

デロイト トーマツ グループが提供するサービス

会計専門家としての知識・経験を活用し、IFRS勘定科目表およびグループ勘定科目表の設定を支援します。

• 基準差異の把握等により、IFRS上必要となる勘定科目を網羅的に洗い出します。

• IFRSの要請のみならず、単体開示、並行開示や、システム、経営管理上の要求を考慮した勘定科目体系の設定を支援します。

• グループ勘定科目体系の設定、各関係会社への展開のためのガイダンス(勘定科目定義、取扱要領等)の作成を支援します。