サービス

IFRS導入に伴う内部統制報告制度対応の支援サービス

IFRS導入に伴う業務プロセス設計から内部統制報告制度対応までを支援します。

業務プロセス設計、内部統制報告制度対応

IFRS基準の会計処理への変更は、例えば収益認識時期や会計上の見積りなどに関する業務プロセスの見直しが必要になります。継続して業務を運用していくため、業務プロセスの設計、内部統制報告制度対応も併せて対応していくことが肝要です。 

デロイト トーマツ グループが提供するサービス

会計処理の変更に対する業務プロセス設計と内部統制報告制度は密接不可分のため、同時に対応を進めるとともに、効果的・効率的な対応を実現するため、選択した会計処理の適用可能性等の視点を持って企業のIFRS導入を支援します。
また、IFRS、業務プロセス設計およびITソリューションの知見、内部統制報告制度対応の支援実績などを活用したシームレスな業務プロセス設計、内部統制報告制度対応支援を行います。 

インフラの整備のための2つのステップ

継続可能な財務報告インフラの構築が最終目標になります。また、財務報告インフラの構築は、IFRS対応以外にもグループ経営における業務標準化にも寄与するものと考えます。
具体的には、ステップ1業務プロセスの設計、ステップ2内部統制報告制度対応と2段階でプロジェクトを推進します。
標準的なタスクとデロイト トーマツ グループのサービスは以下のとおりです。 

ステップ1 業務プロセス設計

• 会計処理の変更に伴う業務プロセス(販売プロセスなど)の特定・評価と課題の整理
• 会計処理の変更に対する対応案の策定、対応の優先順位づけ
• 新業務プロセスの要件洗い出し
• システム化の検討
• 新規業務プロセスの導入・運用
• 新業務プロセスに組み込むコントロールの設計
• 関連規定の整備 

ステップ2 内部統制報告制度対応

• IFRS財務諸表における経営者評価の範囲見直し
• 決算財務報告プロセス、その他の業務プロセスのフローチャート、リスクコントロールマトリクスの改修
• システム変更に関するITGC評価
• 経営者評価手続の見直し
• 内部統制評価のグループ共通化検討・実行