サービス

年金コンサルティングサービス ─IFRS導入の観点から─

IFRS導入によるインパクトの軽減、また導入後の変動リスクの軽減の観点から、年金・退職金制度の見直しに関するさまざまなアドバイスを行います

IFRS導入による企業財務への影響

IFRS導入に伴うインパクト分析の結果、これまでとは負債・費用の水準が大きく変化したり、その変動リスクが増大したりする可能性があります。これに対応するために、退職給付制度の設計見直しや年金資産運用方針の見直しを行うオプションが有効な場合があります。
デロイト トーマツ グループの年金コンサルティングサービスでは、IFRS導入によるインパクトの軽減、また導入後の変動リスクの軽減の観点から、年金・退職金制度の見直しに関するさまざまなアドバイスを行います。

年金コンサルティング

デロイト トーマツ グループでは、経験豊富なコンサルタントが企業のニーズを踏まえた上で、現実的な解決策を複数案提示、かつ、新制度へ移行する際の阻害要因を打開する方法を明示し、従業員、企業人事および企業財務の各視点において、企業にとってベストなソリューションを提案します。

年金・退職金制度の再構築

年金・退職金制度に関する法整備によって、従来の確定給付型制度に加え、確定拠出型、ハイブリッド型も有力な選択肢となりました。また、従来の終身雇用を前提とした制度から、業績に連動する制度が多くの企業で取り入れられています。
デロイト トーマツ グループは退職給付債務・費用のインパクト分析、金利感応度分析の結果を踏まえ、「年金・退職金制度の再構築」の観点からベストなソリューションを提案します。