サービス

IFRS導入に向けた有価証券ポートフォリオに関するコンサルティング

財務影響に注目した有価証券ポートフォリオの最適バランスの構築を図ります。

IFRSによる有価証券の分類方法の変化

IFRSでは、日本基準による保有目的に従った有価証券の分類ではなく、債券等の負債性金融商品については、ビジネスモデルテストおよびキャッシュフローテストによって償却原価、または公正価値-損益処理に分類されます。
一方、株式等の資本性金融商品については、原則として公正価値-損益処理に分類されますが、売買目的以外については、公正価値─その他の包括利益処理を選択する事ができます。 

財務影響に注目した最適バランス構築の必要性

日本基準では債券と株式の多くは「その他有価証券」に分類され、評価差額をその他の包括利益内で相殺可能(平常時)でしたが、IFRSでは上記の通り評価差額の扱いが異なるため、分類への対応次第で、損益又はその他の包括利益といった財務数値に大きな影響を与える可能性があります。
例えば、債券の全銘柄を償却原価処理する一方で、株式の全銘柄を公正価値─その他の包括利益処理とした場合、株式の評価差額により、その他の包括利益に大きなブレが発生する要因となります。
債券については公正価値─損益処理と償却原価処理の組合わせ、一方で、株式については公正価値─損益処理と公正価値─その他の包括利益処理を組合わせる等、IFRS導入に向けた有価証券のポートフォリオの構築に際して、損益やその他の包括利益といった財務数値への影響に着目した最適バランスの構築が必要です。 

デロイト トーマツ グループのサービス

有価証券ポートフォリオの影響度調査サービス

デロイト トーマツ グループでは企業の現状をヒアリング等により把握し、有価証券関連のIFRS動向も踏まえながら論点を整理し、企業のIFRS導入を支援します。


有価証券ポートフォリオの最適バランスの構築支援サービス

デロイト トーマツ グループでは企業のIFRS導入による損益およびその他の包括利益への影響を考慮し、企業の運用方針に対応した最適なポートフォリオバランスの構築を支援します。