サービス

IFRS導入の意義

IFRSは100カ国以上で採用されているグローバルな会計基準です。日本におけるIFRSの制度化が進展している中で、IFRS導入が企業にもたらすメリットに着目すべきです。

関連コンテンツ

IFRS導入の意義

IFRSは100カ国以上で採用されているグローバルな会計基準です。

IFRSとは国際会計基準審議会(IASB)が設定する会計基準です。2005年に欧州連合(EU)が、域内上場企業に対して採用を義務付けたことに端を発して以後、大きなうねりとなって世界各国に波及し、現在では100ヶ国以上で採用されています。企業活動と投資活動がグローバル化する中で、世界共通の尺度となる高品質で単一の会計基準が求められており、IFRSはこうしたニーズを満たす存在です。

各国のIFRS適用状況はこちら

日本でもIFRSの制度化が進展しています。
しかし、単に義務としてとらえるのでなく、
IFRS導入が企業にもたらすメリットに着目すべきです。

IFRS導入の制度化

米国では2008年11月にSECが米国企業に対するIFRS導入に向けてのロードマップ案を公表しており、また、2011年7月より導入方法等に関する意見聴取が始まっています。日本においても、2009年6月に金融庁から「我が国における国際会計基準の取扱いに関する意見書(中間報告)」が公表され、すでにIFRSの任意適用は認められています。また、2009年7月には企業会計基準委員会(ASBJ)を中心に関係諸団体が連携しIFRS対応会議が発足、日本経済団体連合会を中心としたIFRS導入準備タスクフォースもスタートしています。2011年6月からは、企業会計審議会において日本におけるIFRSの強制適用時期等に関する議論が再開されています。

日本及び米国におけるIFRSをめぐる動向はこちら

IFRS導入のメリット

グローバルに事業展開や資金調達を行っている企業にとって、IFRSによる財務諸表は、比較可能性等の面から有用性が高いものと思われます。「グローバルでのIRを重視している」「海外での資金調達のニーズがある」「海外での事業比率が高い」「外国人持株比率が高い」」「BRICs等の新興国への依存が増えている」企業は、IFRS導入によって以下のようなメリットがあります。

証券市場、IR対応
投資家やアナリスト等のステークホルダーに対し、日本基準よりもグローバルスタンダードとしてのIFRSを用いた財務報告を提供することにより、財務報告の国際企業間の比較可能性を向上させることができるので、投資家やアナリストへの説明が明瞭となり、理解が得られやすくなります。
また、海外市場での資金調達手法を多様化させることが可能となります。

財務報告プロセス
ほとんどの在外子会社がIFRSに移行した現状においては、親会社がIFRSを導入することによって、会社としての統一的な財務報告制度を確立できます。その結果、連結財務諸表作成プロセスの効率化が期待できます。
また、内部統制の局面においては、会計基準が共通となり親会社からの統制が働きやすいというメリットもあります。
具体的には以下のような点があげられます。

1.相互チェックが効率的に実施できる(経理部員による在外子会社の財務諸表のレビュー(※)、分析が効果的にできる)
2.財務報告における内部統制上のキーコントロールの多くを各子会社で共通化することができる可能性がある等、内部統制のデザインの共通化が可能となる
3.各国の経理部がIFRSという共通の言語を持つので、相互コミュニケーションが向上する

連結グループ内の業績評価の統一化
全世界で同一の基準によって連結財務諸表が作成されることとなり、会計数値と連動性のある業績管理の指標が世界中のグループ会社で均一化、単一化し、より効果的な業績管理が可能となります。

M&A
クロスボーダーM&Aを行う場合、取引当事者が共通の会計基準を適用していることにより、デューデリジェンス手続き等の効率性が増し、それによりM&Aの意思決定をより迅速化できます。