サービス

IFRS導入プロジェクトの進め方

IFRSの導入は、決算で使っている会計基準が変わるだけではありません。導入のインパクトは、財務数値や財務報告プロセスはもちろん、内部統制、情報システム、税務、財務、キャッシュマネジメント、経理部門組織など広範に及びます。したがって、導入に際しては自社の状況に応じた導入計画を策定し、着実にその計画を進める必要があります。まず最初に行うべきことは、自社にとってのIFRS導入インパクトを多面的に分析することです。

IFRS導入プロジェクトの進め方

フェーズ1:調査・分析

IFRS導入の影響分析

•現状の会計方針とIFRSとの差異を把握します。
•差異が、税務、内部統制、ITシステム等にもたらす影響を分析します。
•現在進行中または検討中の他の社内施策(例えば、システム導入プロジェクト)への影響を分析します。

IFRS導入のロードマップ作成

•短期間、最小限の変更で、IFRS適用を実現することを指向するか、IFRS導入を機に、ビジネスの改革を積極的に目指すかの方針を決定し、プロジェクトの目標ゴールを定めます。
•IFRS導入までのロードマップ(作業工程表)を作成します。 

フェーズ2:導入

会計方針の決定

•グローバルアカウンティングポリシーを作成します。
•統一勘定科目の設定、連結パッケージの修正などを行います。
•初度適用への対応方針を決定します。

インフラの整備

•業務プロセス、ITシステム、内部統制、経理組織など、さまざまな領域についての対応施策を講じます。

全グループ展開

•経営課題解決のための諸施策を全グループ会社の関連各部門に展開します。
•IFRSによる決算の試行を行います。

フェーズ3:維持・改善

新システム、新業務プロセス等の開始

•グループ全体において、新システムやプロセスの課題を解決していきます。
•継続的に問題点を改善していきます。

期首残高確定/並行開示

•移行日時点の財政状態計算書を作成します。
•日本基準、IFRSによる決算を並行して行います。
•監査・検証を開始します。
•投資家への説明準備を行い、外部コミュニケーションを計画的に行います。

新IFRSへの対応

•IFRSの改訂に対応して、継続的にグローバルアカウンティングポリシーの改訂を行い、システムやプロセス等の変更を連動させていきます。