サービス

資産運用会社・機関投資家向けサービス

日本版スチュワードシップコードに代表されるように、資産運用会社には高度なガバナンスが求められます。ファンド監査、レギュラトリー、コンプライアンスから投資家行動、受託者責任といった幅広いソリューションをご提供します。株式、債券、不動産、インフラ、オルタナティブ等の幅広い資産をカバーしたサービスをご提供します。

関連コンテンツ

デロイト トーマツ グループのインベストメント・マネジメント・チームは、以下のようなさまざまな課題にお応えいたします。

• 独立した監査部署がない、あるいはリソースが足りないため、十分な内部監査が実行できない。
• 規程・マニュアルの見直しができていない、また現状の規定・マニュアルが本邦法令や検査マニュアル等に照らして適切か自信がない。
• 監査プログラム、リスクマトリクス等ができていない、または適切かどうか不安である。
• 本国から派遣される監査チームを支援するリソースがない。
• SSAE16/ISAE3402、GIPS準拠導入を考えているがロードマップが描けない。
• SSAE16/ISAE3402、GIPSの検証をより効率的に行うアドバイスがほしい。
• ファンド関連の会計規則/税法の変更や規制関連情報について適時に情報提供をしてほしい。