サービス

チーフリストラクチャリングオフィサー(CRO)サービス

事業再編・再生の実行支援として経営陣を派遣することで、対象会社の意思決定ラインに入り、共にリスクを背負いながら、課題解決を実行致します。

事業再編・再生の実行支援として経営陣を派遣

企業の業績・財務の悪化、ターンアラウンド局面においては、厳格なキャッシュフロー管理、ビジネスモデルの抜本的改革、人員削減、訴訟等の有事対応、優良・不良事業分離、事業売却・清算、債務リストラクチャリングなどを行うことができる、平時とは異なったスキルセットが必要となります。また、「有事」の状況では、そのようなスキルセットを持ち、トップスピードで走ることのできる「チーム」も必要になります。

デロイト トーマツ アンカーマネジメントは、Chief Restructuring OfficerやCXOレベルの経営陣の派遣を通じて対象会社の意思決定ラインに入り、共にリスクを背負いながら、課題解決を実行致します。また、対象会社の経営陣のサポート・チームを意思決定ラインに乗せる形で派遣することによって、課題解決をサポートすることも可能です。

これまでの事業再生アドバイザリーという業務領域に加えて、経営陣の派遣を含めた計画の実行にコミットする事業再編・再生の総合サービスを提供致します。

パターン1:アドバイザリー型(従来の事業再生アドバイザリー)
  • 個別課題ごとのアドバイザリー
  • 対象企業に関しては、中立・客観的な立場
  • 課題解決プロセスのディレクション、モニタリングなど

 

パターン2:チーム常駐型(従来の事業再生アドバイザリー)
  • 特定課題のプロジェクトに対して、チームメンバーが常駐
  • プロジェクトチームの主体は対象会社のメンバー
  • プロジェクトリーダーの補佐、助言等を通じて、プロジェクト全体を進捗させる

 

パターン3:チームスタッフ派遣型(CROサービス独自のメニュー)

  • 特定課題のプロジェクトに対して、チームリーダー等を派遣
  • 派遣スタッフが、対象会社の意思決定ラインに入る
  • プロジェクト全体の統括、必要に応じて部署横断的に改革を主導

 

パターン4:経営陣派遣型(CROサービス独自のメニュー)
  • CEO、CFO、CRO、CMOなどのCXOとしての人材を派遣
  • CXO人材を中心に、対象企業の暫定経営を行い、企業価値向上を図る
  • 株主、債権者等主要ステークホルダーとの綿密なコミュニケーションを行う

実行とフォローアップに主眼を置いたサービス

CROサービスは、問題把握と計画立案だけに終始する通常のコンサルティングやアドバイザリー業務と異なり、むしろその実行とフォローアップに主眼を置いています。

サービス概要

1. 問題把握・計画立案段階
問題把握・計画立案段階では、コンサルタント、アドバイザーとしての立場か、あるいはCEO、CFO、CRO、CMOなどのCXOまたはスタッフとして着任します
  • 課題と緊急性の把握
  • 課題ごとの対応策の立案と優先順位付け
  • 組織内キーパーソンの見極めとリテイン
  • 情報把握ルートの整備
  • 社内で不足しているリソースの見極めと、社外リソース(プロフェッショナル)の起用
  • 外部ステークホルダーとの緊密な連携

2. 実行段階
実行段階では、CXOまたはスタッフとして、ラインに入って経営責任を負います
  • 課題と緊急性の把握(継続)
  • 課題毎の対応策の立案と優先順位付け(継続)
  • 課題ごとのプロジェクト・マネジメント
  • 外部プロフェッショナルのマネジメント
  • 社内および対外的メッセージの打ち出し
  • 外部ステークホルダーへのレポーティング

3. フォローアップ段階
経営のPDCAサイクルを回すことにより、危機からの脱出、巡航速度へ移行します
  • 現場への権限委譲、モニタリング
  • 新たなカルチャーの醸成、浸透
  • 社内キーパーソンへのOJT
  • 経営の引継ぎ
企業再生に関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

 企業再生:トップページ