サービス

事業売却

売却対象事業の調査から、買主候補のソーシング、売却ストラクチャーの検討、買主候補によるデューデリジェンス(DD)対応、契約交渉、クロージングまでの一連の流れにおいて、企業の迅速な意思決定をサポートします。

事業売却を活用した企業価値向上に向けて

企業価値最大化のため常に事業の選択と集中を行う企業にとって、不採算事業やノンコア事業の売却は重要な選択肢のひとつです。今日では、事業売却は定着してきましたが事業の切り出し(カーブアウト)などを伴う複雑案件も増えています。

デロイト トーマツ グループは売却対象事業の調査から、買主候補のソーシング、売却ストラクチャーの検討、買主候補によるデューデリジェンス(DD)対応、契約交渉、クロージングまでの一連の流れにおいて豊富なアドバイザリー経験を有しており、企業の迅速な意思決定をサポートします。

サービスの活用場面

事業売却サービスは、特に以下のような状況下で有効です。

(1)売却対象事業の事業構造が複雑な場合

  • カーブアウトを伴う案件
  • 複数の会社あるいは事業部で構成されており、連結グループで売却する案件
  • 過去に再編を繰り返しているなど、現在の事業構造を過去に遡及させる調整(プロフォーマ調整)が必要となる案件
  • 売却対象事業の重要な機能の一部を親会社あるいは他のグループ会社が担っているなど、スタンドアロンイシューのある案件

(2)複雑なストラクチャーを採用する場合

  • 事業の一部譲渡、許認可の継続利用、繰越欠損金の有効利用などのため、会社分割、合併、株式交換・移転などの組織再編行為を伴う
  • 連結納税制度の検討が必要
  • 売却対象に海外子会社が含まれ、現地税制の検討が必要
  • 米国会計基準、国際会計基準の検討が必要

(3)プロジェクト遂行により大きなリソースを要する場合

  • 重要性の高い大規模案件
  • 複数の買い手候補と交渉を進める入札案件
  • プロジェクト実現のハードルが高い不採算事業の売却案件
  • クロスボーダー案件

事業売却の計画策定から実行までを一貫して支援

サービスの概要

事業売却サービスは、売却対象事業の調査から、買主候補のソーシング、売却ストラクチャーの検討、買主候補によるデューデリジェンス(DD)対応、契約交渉、クロージングまで、事業売却の一連のプロセスを一貫してサポートします。このサービスには、以下のような特長があります。

  • 初期段階でセルサイドDDを実施し、買主候補、予想売却損益、想定売却範囲、ストラクチャー、想定スケジュール、売却実行上のリスクなどの重要事項を初期的に検討し、事業売却計画の立案をサポートします。
  • セルサイドDDによる対象会社に対する体系的な理解に基づき、買主候補への開示資料作成、売主の社内検討資料作成、契約条件交渉などの適切な遂行をサポートします。
  • 財務、税務、人事・年金、ITシステムなど法務を除く各領域のアドバイザーをデロイト トーマツ グループが包括することで、シームレスなサービス提供を実現します。

外部化成立の要件

外部化成立には以下の3要素充足が前提条件となる為、「外部化の市場性」に関する検討が必要

  • 買い手候補が存在すること
  • 買い手候補が対象会社の事業・機能を受入可能であること
  • 当該外部化により当事会社の目的とする効果が実現されること 

外部化検討のアプローチ

企業再生に関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

>> 企業再生:トップページ <<