サービス

再生M&A

事業再生の一環として行われる再生M&Aは、スポンサー候補との交渉の一方で、並行する再生計画の策定にて関係者の同意を得ることが必須であり、事業再生とM&Aの双方の特性を熟知したプロフェッショナルが一気通貫で再生M&Aプロセスを支援します。

再生局面でのスピーディーなM&Aの実行に向けて

近年の事業再生においては、私的整理の枠組みの中でも自力再生を断念し、資金面・事業面のサポートを受けるべく、スポンサーを招聘する再生M&Aが増加しています。また、金融機関も、抜本的な再生支援の一環として再生M&Aを有力な選択肢と位置づけつつあります。ただし、事業再生プロセスとM&Aプロセスを並走させる再生M&Aには数多くの留意点があり、あらゆる方面に対する配意が必要となります。デロイト トーマツ グループでは、事業再生とM&Aの双方に豊富な経験を有するプロフェッショナルが、一気通貫で再生M&Aプロセスを支援します。
 

サービスの活用場面

以下のような窮境状況にある企業においては、新たな経営資源の出し手としてスポンサーの招聘をにらんだ再生M&Aサービスの活用が有効となります。
•単独での自主再生が困難な企業
•経営者のコミットメントに問題がある企業や後継者問題を抱えている企業
•企業風土の刷新が必要な企業
•自力再生の計画では金融債権者の合意が取れない企業


なお、いずれのケースにおいても、スポンサーサイドから見て何らかの「強み」が見出されることが必要となりますが、窮境状況にある企業の強みは時間の経過とともに劣化していくことが一般的であるため、スポンサースキームへの早期着手が極めて重要です。

並行する事業再生プロセスに配意して一貫サポート

サービスの概要

スポンサーを招聘して再生を目指す再生M&Aでは、まずスポンサー候補先を選定する必要がありますが、デロイト トーマツ グループは再生案件を積極的かつ迅速に検討しうるスポンサー候補先のリストアップとアプローチをサポートします。

次にスポンサー候補先との折衝段階においては、後に想定されるステークホルダーとのコンフリクトを緩和することを視野に入れ、金融債権者等の意向にも十二分に配意した交渉をサポートします。

また、再生M&A特有のプロセスとして、スポンサーとの最終条件交渉と並行し、金融債権者向けに説明を行うために、スポンサースキームを織り込んだ再生計画の策定作業が必須となりますが、デロイト トーマツはこれらのプロセスを全面的にサポートするとともに、当該再生計画について、その妥当性(金融債権者にとっての経済合理性、スポンサー選定の公平性・妥当性等)を金融債権者に説明し、合意形成を得るまでのプロセスも支援します。


デロイト トーマツ グループの再生M&Aサービスは、以下の特長を有しています。

  • 再生M&Aに積極的な事業スポンサーやファイナンシャルスポンサーとのリレーションを広範に有しており、適切なスポンサー候補先のリストアップをサポートします。
  • M&A交渉ノウハウと事業再生における金融債権者対応ノウハウの双方を兼ね備えたプロフェッショナルが、スポンサーと金融債権者の双方の意向に配意した交渉を全面的にサポートします。
  • 再生計画の策定ポイントを熟知していることに加え、豊富な再生M&A実績を通じて「事業計画」を「再生計画」にスピーディーに変換するノウハウを有しており、金融債権者向けの再生計画策定を強力にサポートします。

企業再生に関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

>> 企業再生:トップページ <<