サービス

ターンアラウンドサポート

金融支援による財務構造の改善に加え、キャッシュフロー創出力の向上を第一の目的として事業活動のうちキャッシュフロー創出に関わる活動を重点的に見直し、継続的な業務改善を行うことにより、窮境状態からのターンアラウンドを支援します。

キャッシュフロー創出力の向上に向けて

現在、多くの再生企業において、窮境に陥っている原因は、かつてのような「過剰投資による過剰債務による財務体質の悪化」ではなく、「収益力(キャッシュフロー創出力)の低下による返済能力の不足」であることが多くなっています。このような場合、事業を根本的に再生させるためには、金融支援による財務的な対策だけでは不十分であり、並行して対象事業の収益力を抜本的に高めるオペレーショナル・リストラクチャリングが必要です。

デロイト トーマツ グループは、有利子負債の金融支援による削減等にポイントを置いた財務構造の改善に加え、甘い採算管理や非効率な業務運営を抜本的に見直すことで損益・キャッシュフローを中長期的に改善するオペレーショナル・リストラクチャリングも一体的に支援することにより、窮境状態からのターンアラウンドを支援しています。
 

サービスの活用場面

デロイト トーマツ グループが提供するターンアラウンドサポートは、再生局面における財務構造の改善策に加え、業務改善の継続的な努力を行うことによって、より確実な再生を目指そうとする以下のような場面において有用です。

  • キャッシュフローの創出力が低下しており、抜本的な業務改善が必要な企業
  • 財務改善を目的とする経営改善計画を既に作成済みで、これから計画の実現を目指す企業
  • 財務内容が深刻に悪化するのを防ぐため、予防的に業務改善に取り組もうとする企業

キャッシュ創出力向上の観点から事業活動を見直し

サービスの概要

デロイト トーマツ グループのターンアラウンドサポートのアプローチは、キャッシュフロー創出力の向上を第一の目的として、事業活動のうちキャッシュフロー創出に関わる活動の重点的な見直しを行うところに特長があります。財務構造の改善に加え、継続的な業務改善の実行により、事業再生の実現性を高めます。

プロジェクトの初期的な段階で対象企業のオペレーションの問題点を把握、その後キャッシュフロー改善効果が大きい問題に重点を置いて改善活動に取り組みます。例えば、取引採算・コスト構造分析により不採算取引や非効率業務をあぶり出し、優先的に見直しを行うことにより、即効性の高い業務改善を実現します。

また、銀行借入が継続して増加傾向にある企業では、借入金残高の増加を財務的な危機のアラームと捉え、深刻な窮境状態に陥る前の段階での「早期再生」として、投資活動(設備投資、遊休資産の保有等)・財務活動(子会社や本業以外の事業への貸付・出資等)の見直しも行い、フリー・キャッシュフローの改善による有利子負債の圧縮を目指します。

【主なサポート内容】

1.事業戦略の策定
2.販売戦略の策定
3.管理会計の見直し(採算管理、原価管理)
4.資金管理
5.運転資本マネジメント(売上債権管理、在庫管理)
6.予算策定・実績モニタリング
7.業務プロセスのシステム化
8.人事制度の再構築
9.投資効果算定プロセスの精緻化
10.グループ間資金貸借の見直し

  • 上の業務改善策の検討とアクションプラン化
  • 全体的なスケジュール管理と進捗管理(モニタリング)

企業再生に関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

>> 企業再生:トップページ <<