最新動向/市場予測

セミナー「新市場区分への対応 ~M&A、IR、法務の視点から~」(2021年7月9日)

証券市場関連セミナー開催報告レポート

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社と昨年11月にデロイト トーマツ グループにジョインした株式会社TMACは、東京証券取引所より発表された2022年にスタートする新市場区分に着目し2021年7月9日に「新市場区分への対応 ~M&A、IR、法務の視点から~」セミナーを開催しました。

本ページでは、開催レポートとして講演内容の目次をご紹介します。

「開会のご挨拶」

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
代表執行役社長 福島 和宏

2022年4月より東京証券取引所の新市場区分がスタートします。上場企業にとっては中長期的な成長戦略について、証券市場と対話していく契機となるものと考えています。流通株式、時価総額や売買代金等の定量的な基準、そしてコーポレートガバナンスの体制等の定性的な基準に照らして、上場企業が自社を見つめ直すよい機会となり、改めてM&Aの取り組みも含めて、証券市場に自社の成長戦略をどのように伝え、対話を継続していくのか、上場企業としてのスタンスが問われていると感じています。

福島 和宏

「新市場区分の概要について」

株式会社東京証券取引所
取締役 専務執行役員 小沼 泰之氏

  • 市場区分見直しの背景
  • 新しい市場区分の概要
  • 新市場区分への移行プロセス
小沼 泰之

「近時の市場環境に対応するための法務戦略」

長島・大野・常松法律事務所
パートナー 弁護士 三笘 裕氏

  • 近時の日本の証券市場・上場企業改革の概観
  • ガバナンスの強化、アカウンタビリティの向上
  • 経営の効率化
  • 株式保有構造の変化
  • 東証の制度改革
  • 具体的な法務戦略
三笘 裕

「証券市場で評価されるM&A戦略」

株式会社TMAC
代表取締役社長 古川 英一

  • 時価総額とM&A
  • 各企業のM&A戦略:水平型の事例、垂直・水平型の事例、多角化型の事例
  • 証券市場で評価されるM&A
古川 英一

「機関投資家株主がバリュエーションにもたらすインパクト」

株式会社インベスチャー
代表取締役社長 松元 勲氏

  • 機関投資家の資金を導入するメリットと方法
  • 機関投資家株主の投資スタイル別種類
  • パッシブファンドに席巻されつつある株式市場
  • ジャッジメンタルファンド株主を開拓する意義
  • マイクロキャップファンドの市場
  • ジャッジメンタルファンドの資金獲得のインパクト
松元 勲

本セミナーに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お役に立ちましたか?