ナレッジ

Project Ubin – 分散型台帳上のシンガポール・ドル

本レポートは、シンガポール金融管理局(MAS)によるデジタル通貨のプロジェクト概要および結果を記載したレポートです。ブロックチェーンをはじめとする分散台帳技術(DLT:Distributed Ledger Technology)の概要とシンガポールドル(SGD)をトークン形式でDLT上に表現したProject Ubinに加え、デロイトが市場でのイノベーションをどのように先導しているのかを記載しています。

関連コンテンツ

DLT(Distributed Ledger Technology)は、金融業界全体のイノベーション推進における中核を担う技術です。デロイトはこの新たなエコシステムにおける積極的プレイヤーとして、DLTの調査研究を行い、ユースケースを開発し、仮説検証のためのプロトタイプを設計し、そしてパイロットフェーズに向けてプラットフォームベンダーと提携しています。 

シンガポールの中央銀行および金融監督局であるMASの支援を受け、シンガポールにおいて複数の銀行が、銀行利用者が長い処理時間、高額な手数料、及び仲介者を必要とせずに相手方へ直接送金できるDLTを使った送金システムのプロトタイプ開発に取り組んでいます。これら複数の銀行とDLTに特化したコンソーシアムであるR3が提携し、決済分野におけるDLT活用に向けたプロジェクトを実施しています。本プロジェクトは「Project Ubin」と称され、シンガポールが目指す「スマート・フィナンシャル・センター」という大きな目標とともに、シンガポールの金融エコシステムがDLT研究開発分野でリーダーシップを確立する重要な位置づけとなるプロジェクトです。

このレポートでは、DLT上にシンガポールドル(SGD)をトークン化する実験であるProject Ubinについて概説するとともに、DLTの概要と、デロイトがイノベーションをどのように先導しているかを示します。シンガポールは、DLTの及ぼす影響やメリットをあらゆる角度から探ろうとしているアジアにおける最初の主要な金融センターであると言えるでしょう。 

レポートを見る
The future is here Project Ubin: SGD on Distributed Ledger(英語、Deloitte Singaporeウェブサイト)

関連コンテンツ

ブロックチェーンの事業化に焦点を当てたデロイトのレポート集(英語、Deloitte USウェブサイト)

・Taking blockchain live

・Blockchain & cyber security

・Blockchain risk management

・Blockchain in commercial real estate

・Making blockchain real for customer loyalty rewards programs

・Blockchain technology for investment management firms

・Blockchain video series

 

お役に立ちましたか?