出版物

英国の金融サービスにおけるガバナンス-国際企業の子会社の課題

Deloitte英国事務所から"Governence in UK Financial Services - Challenges for subsidiaries of international firms"が発行されました

(原題):Governance in UK Financial Services - Challenges for subsidiaries of international firms 「英国の金融サービスにおけるガバナンス ― 国際企業の子会社の課題」2014年4月発行

2007年に始まった金融危機は、企業のガバナンスとそれを支える企業文化と倫理の重大な欠点を明るみに出しました。それ以来、ガバナンスの欠陥が判明した場合の規制当局の直接的介入が著しく増大しており、英国の規制対象となる法的主体の意思決定プロセスにおける海外親会社の役割に、より大きな焦点が当てられるようになっています。

本書では、グローバルな金融サービス企業のガバナンスの仕組みに関する規制当局の最新の期待について概説し、ガバナンスモデルと上級経営者に関する正しい選択がグローバルな事業の要求に対応しつつ英国の規制当局の期待に応える上でどのように役立つかを考察するとともに、この目的を果たすために企業が現在取っている実務的な措置を詳しく取り上げます。

詳細については、添付資料をご覧ください。

英語原文

お役に立ちましたか?