ナレッジ

金融機関向けIFRS最新情報

金融機関に影響の大きいIFRSの基準動向について最新情報をお届けいたします

関連コンテンツ

IASBがIFRS第9号とIFRS第4号を置き換える保険契約の新基準との発行日の相違に関する懸念に対処するためにIFRS第4号「保険契約」の修正を公表(2016.09.21)

IASBが公表したIFRS第4号「保険契約」の修正を要約したものです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

IFRS総合ページは、こちらをご覧ください。

(502KB,PDF)

銀行によるIFRS第9号の減損の要求事項の導入(2016年7月)

当ファイルは、GPPCにより公表された「銀行によるIFRS第9号の適用」を有限責任監査法人トーマツが解説したものであり、下記リンク先の原文と合わせてご利用ください。

The implementation of IFRS 9 impairment requirements by banks(「銀行によるIFRS第9号の適用」、PDF)

-6大会計事務所ネットワークのグローバル・パブリック・ポリシー委員会は、BDO、Deloitte、EY、Grant Thornton、KPMG及びPwCの代表から構成され、プロフェッションについてのパブリック・ポリシーの論点に焦点を当てています。

(PDF、630KB)

銀行によるIFRS第9号の適用に関する報告書(IAS Plus 2016.06.17)

6大会計事務所ネットワークによるグローバル・パブリック・ポリシー委員会(GPPC)は、「銀行によるIFRS第9号の適用」という表題の報告書を公表しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

IFRS総合ページは、こちらをご覧ください。

不動産の借手企業『新リース基準の影響』(2016.01.15)

2016年1月に、デロイトのIFRSグローバル・オフィスは、『IFRS Industry Insights - 不動産の借手企業 - 新リース基準の影響』を発行しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。


IFRS総合ページは、こちらをご覧ください。

(381KB、PDF)

IASBがIFRS第16号「リース」を公表(2016.01.13)

IASBが公表した新基準であるIFRS第16号「リース」について解説します。

詳しくは、こちらをご覧ください。


IFRS総合ページは、こちらをご覧ください。

(437KB、PDF)

金融商品の減損に関するIFRS移行リソース・グループの第3回会議(2015.12.17)

2015年12月11日に開催された金融商品の減損に関するIFRS移行リソース・グループ(「ITG」)の第3回会議を要約したものです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

IFRS総合ページは、こちらをご覧ください。

(684KB、PDF)

IASBがIFRS第9号とIFRS第4号を置き換える保険契約の新基準との発効日の相違に関する懸念に対処するためにIFRS第4号の修正を提案(2015.12.15)

一般のコメントを募集するため2015年12月に公表された、公開草案ED/2015/11IFRS第4号「保険契約」におけるIFRS第9号「金融商品の適用」(以下「本ED」)に示されたIFRS第4号「保険契約」の修正案の概要を説明します。

詳しくは、こちらをご覧ください。


IFRS総合ページは、こちらをご覧ください。

(453KB、PDF)

保険契約(2015.12.01)

デロイトのIFRSグローバル・オフィスは、『IFRS Project Insights - 保険契約』を発行しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。


IFRS総合ページは、こちらをご覧ください。

(681KB、PDF)

リース(2015.11.02)

デロイトのIFRSグローバル・オフィスは、『IFRS Project Insight - リース』を発行しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。


IFRS総合ページは、こちらをご覧ください。

(480KB、PDF)

IASB再公開草案「リース」公表後の動向(2015年10月)

IASBは、2015年10月20日の会議において、2013年5月の公開草案「リース」における提案の再審議を継続し、以下の論点を議論しました。

(1) 発効日
(2) 整理論点

会議における暫定決定の概要は添付ファイルをご確認ください。

(6ページ、163KB)

金融商品の減損に関するIFRS移行リソース・グループの第2回会議(2015.09.18)

2015年9月16日に開催された金融商品の減損に関するIFRS移行リソース・グループ(「ITG」、「グループ」)の第2回会議を要約したものです。

詳しくは、こちらをご覧ください。


IFRS総合ページは、こちらをご覧ください。

(636KB、PDF)

IASBリサーチ・プロジェクト「資本の特徴を有する金融商品」の動向(2015年7月23日)

IASBは、2015年7月23日の会議において、「資本の特徴を有する金融商品」に関するリサーチ・プロジェクトについて審議を行いました。
審議の概要は添付ファイルをご確認ください。

(PDF6ページ、81KB)

IASBディスカッション・ペーパー「動的リスク管理の会計処理:マクロヘッジに対するポートフォリオ再評価アプローチ」公表後の動向(2015年7月22日)

IASBは、2015年7月22日の会議において、2014年4月に公表されたディスカッション・ペーパーDP/2014/1「動的リスク管理の会計処理:マクロヘッジに対するポートフォリオ再評価アプローチ」に関して審議を行いました。
審議の概要は添付ファイルをご確認ください。

(PDF6ページ、95KB)

IASBディスカッション・ペーパー「動的リスク管理の会計処理:マクロヘッジに対するポートフォリオ再評価アプローチ」公表後の動向(2015年5月20日)

IASBは、2015年5月20日の会議において、2014年4月に公表されたディスカッション・ペーパーDP/2014/1「動的リスク管理の会計処理:マクロヘッジに対するポートフォリオ再評価アプローチ」に関して審議を行いました。
審議の概要は添付ファイルをご確認ください。

(PDF6ページ、82KB)

金融商品の減損に関するIFRS移行リソース・グループの第1回会議(2015.04.24)

2015年4月22日に開催された金融商品の減損に関するIFRS移行リソース・グループの第1回会議を要約したものです。

詳しくは、こちらをご覧ください。


IFRS総合ページは、こちらをご覧ください。

(487KB、PDF)

IASB再公開草案「リース」公表後の動向(2015年3月)

IASBは、2015年3月17日の会議において、2013年5月の公開草案「リース」における提案の再審議を継続し、特に以下の論点を議論しました。

   (1) 移行時の開示(その他の論点)
   (2) デュー・プロセス、再公開及び書面投票の許可

会議における暫定決定の概要は添付ファイルをご確認ください。
 

(PDF5ページ、45KB)

バーゼル銀行監督委員会市中協議文書要約(2015年2月)

当ファイルは、バーゼル銀行監督委員会により公表された「予想信用損失会計に関するガイダンス」を有限責任監査法人トーマツが要約したものであり、下記リンク先の原文と合わせてご利用ください。

こちら(外部サイト、PDF)

(PDF、25ページ、PDF)

バーゼル銀行監督委員会が「予想信用損失会計に関するガイダンス」の市中協議文書を公表(IAS Plus 2015.02.03)

バーゼル銀行監督委員会は、「予想信用損失会計に関するガイダンス」と題する市中協議文書を公表しました。ガイダンスの市中協議文書に関するコメント期限は、2015年4月30日です。

詳しくは、こちらをご覧ください。


IFRS総合ページは、こちらをご覧ください。

IASB再公開草案「リース」公表後の動向(2015年2月)

IASBは、2015年2月19日の会議において、以下について暫定決定しました。
(IASB/FASBそれぞれの借手の会計モデルが異なり、異なる要求事項の検討が行われたことから、議論はFASBと別個に行われました)

(1) 従来、オペレーティング・リースに分類されていたリースに係る経過措置
(2) セール・アンド・リースバックに係る経過措置
(3) サブリースに係る経過措置
(4) リースの定義に係る経過措置
(5) 少額資産のリースの免除
(6) サブリースの中間の貸手の割引率に係る追加的な指針

会議における暫定決定の概要は添付ファイルをご確認ください。
 

(PDF11ページ、144KB)

IASB再公開草案「リース」公表後の動向(2015年1月)

IASB/FASBは、2015年1月21日の合同会議において、リース会計基準の改訂に関する2013年5月の公開草案の再審議を継続し、特に、借手の開示の要求事項に対して寄せられたコメント及びスタッフの分析について審議を行いました。合同会議における暫定決定の概要は添付ファイルをご確認ください。

(PDF11ページ、86KB)

IASB再公開草案「リース」公表後の動向(2014年12月)

IASB/FASBは、2014年12月16日の合同会議において、2014年10月に引き続き主にリースの定義に焦点を当てて、リース会計基準の改訂の再審議を継続しました。

合同会議における暫定決定の概要は添付ファイルをご確認ください。

 

(PDF5ページ、66KB)

IASB再公開草案「リース」公表後の動向 (2014年11月)

IASBは、2014年11月20日の会議において、リース・プロジェクトの一環として、IAS第40号「投資不動産」に係る結果的な修正を議論しました。

合同会議における暫定決定の概要は添付ファイルをご確認ください。

(PDF4ページ、237KB)

IASB再公開草案「保険」公表後の動向(2014年10月)

IASBは、2014年10月23日の会議において、主に無配当契約の経過措置について審議を行いました。

審議の概要は添付ファイルをご確認ください。

 

なお、添付ファイルは、Deloitteが2014年10月30日に実施したウェブキャストの投影資料を有限責任監査法人トーマツが翻訳したものであり、下記リンク先より、原文を入手または英語での解説をご視聴いただけます。

http://www.iasplus.com/en/publications/insurance/webcasts/insurance-webcast-48

(PDF21ページ、224KB)

IASB再公開草案「リース」公表後の動向 (2014年10月)

2014年10月22日の合同会議において、IASB/FASBは、主にリースの定義に焦点を当てて、リース会計基準の改訂の再審議を継続しました。

両審議会は、今後の合同会議において、提案されたリースの指針に関して、以下を含む、様々な他の項目について審議する予定です。

(1) 借手の開示
(2) 経過措置
(3) 発効日
(4) コストと便益の分析
(5) 少額リースの免除規定
(6) 結果的な修正及び細かな論点を含むその他の項目

詳細は添付ファイルをご確認ください。

(PDF9ページ、77KB)

Insurance webcast 47 - 「IFRS第4号フェーズ2の最終化に向けた進捗はスローダウン」 有配当契約についての教育セッションの継続と保険料配分アプローチについての決定

国際会計基準審議会(IASB)の保険契約プロジェクトにおける検討内容のサマリーについて、Deloitteが2014年9月30日に実施したWebcastの資料です。

英文オリジナルはこちら

日本語仮訳版はこちら

Insurance webcast 46 - 「IFRS第4号フェーズ2の完了にむけてもう一歩前進」 IFRS第9号の最終版が公表される一方で、有配当契約に関する教育セッションが更に行われている

国際会計基準審議会(IASB)の保険契約プロジェクトにおける検討内容のサマリーについて、Deloitteが2014年7月31日に実施したWebcastの資料です。

英文オリジナルはこちら

日本語仮訳版はこちら

IASB再公開草案「リース」公表後の動向(2014年7月)

2014年7月23日の合同会議において、IASB/FASBは、リース会計基準の改訂に関する再審議を継続しました。

両親議会は、
(1) セール・アンド・リースバック取引
(2) 貸手の開示の要求事項

両審議会は大きな進展を遂げましたが、提案されたリースの指針に関して、以下を含む、なお多くの再審議が必要です。
(1) 借手の開示
(2) 経過措置
(3) 発効日
(4) コストと便益
(5) レバレッジド・リース、非上場企業及び非営利の論点(FASBのみ)
(6) その他(例えば、関連当事者とのリース、結果的な修正)

両審議会の再審議が必要となる可能性のある他の項目には、借手の会計処理、少額リースの例外措置が含まれます。

詳細は添付ファイルをご確認ください。

(PDF9ページ、79KB)

Insurance webcast 45 - 「最後の(最も長い)マイル」 IASBが有配当性を有する契約の再審議を開始

国際会計基準審議会(IASB)の保険契約プロジェクトにおける検討内容のサマリーについて、Deloitteが2014年6月26日に実施したWebcastの資料です。

英文オリジナルはこちら

日本語仮訳版はこちら

IASB再公開草案「リース」公表後の動向(2014年6月)

2014年6月18日の合同会議において、IASB/FASBは、リース会計基準の改訂に関する再審議を継続しました。

両審議会は、以下の点について議論しました。
(1) サブリース
(2) 借手の貸借対照表の表示
(3) キャッシュ・フローの表示

両審議会は大きな進展を遂げましたが、提案されたリースの指針に関して、以下を含む、なお多くの再審議が必要です。
(1) 開示
(2) セール・アンド・リースバック取引
(3) 経過措置
(4) 発効日
(5) レバレッジド・リース、非上場企業及び非営利の論点(FASBのみ)
(6) その他(例えば、関連当事者とのリース)

詳細は添付ファイルをご確認ください。

(PDF7ページ、73KB)

Insurance webcast 44 - 「前進中」 IASBによる有配当性を有する契約に関する議論および4つのコメント募集対象外の論点に関する決定事項

国際会計基準審議会(IASB)の保険契約プロジェクトにおける検討内容のサマリーについて、Deloitteが2014年6月26日に実施したWebcastの資料です。

英文オリジナルはこちら

日本語仮訳版はこちら

IASB再公開草案「リース」公表後の動向(2014年5月)

2014年5月22日の合同会議において、IASSB/FASBは、リース会計基準の改訂に関する再審議を継続しました。

両審議会は、以下の点について議論しました。
(1) リースの定義
(2) リース及び非リース構成部分の区分
(3) 当初直接コスト

今後の合同会議において、両審議会は、リース・プロジェクトに係る以下の項目について議論を行う予定です。
(1) 転リース
(2) セール・アンド・リースバック取引
(3) 「少額」資産のリース
(4) 表示及び開示
(5) コストと便益の関係、経過措置、発効日
(6) FASBのみ:①レバレッジド・リース、②非上場企業及び非営利の論点
(7) その他(例:関連当事者間のリース)

詳細は添付ファイルをご確認ください。

(PDF7ページ、71KB)

IASB再公開草案「リース」公表後の動向(2014年4月)

2014年4月23日の合同会議において、IASSB/FASBは、リース会計基準の改訂に関する再審議を継続しました。

両審議会は、以下の点について議論しました。
(1) リースの条件変更
(2) 契約の結合
(3) 変動リース料(実質的な固定支払を含む)
(4) リース資産及びリース負債の計算に使用する割引率

今後の合同会議において、両審議会は、リース・プロジェクトに係る以下の項目について議論を行う予定です。
(1) リースの定義
(2) リース及び非リースの構成部分の区分
(3) 当初直接コスト
(4) リース・インセンティブ

詳細は添付ファイルをご確認ください。

(PDF7ページ、75KB)

IFRS保険契約の動向(2014年4月)

IASBは、2014年4月25日の会議で、保険契約の以下の点について議論しました。
・有配当契約以外の保険契約についての保険契約収益
・2013年EDで質問の対象としなかった論点に対するプロジェクトプラン

今後のIASB会議において、以下の事項を検討することを予定しています。
・2013年EDで質問の対象としなかった論点で、IASBが議論することを暫定決定した論点
・有配当契約に対して有配当契約以外の保険契約のモデルを適用すること(有配当性を反映するために必要な修正の要否の評価を含む)
・(ほぼ最終モデルとなった時点で)経過措置

詳細は添付ファイルをご確認ください。

(PDF6ページ、87KB)

IASB再公開草案「リース」公表後の動向(2014年3月)

2014年3月18日~19日の合同会議において、IASB/FASBは、リース会計の再公開草案(ED)に関する再審議を継続しました。

両審議会は、以下の点について、関係者の関心に対応するための代替的アプローチの使用について議論しました。
(1) 提案されている借手の会計モデル
(2) 提案されている貸手の会計モデル
(3) 少額リース
(4) リース期間の決定(リースの延長及び解約オプションの考慮、提案されているリース期間の見直しの要求事項及び購入オプションの会計処理を含む)
(5) 短期リース

詳細は添付ファイルをご確認ください。

(PDF8ページ、103KB)

IFRS保険契約の動向(2014年3月)

IASBは、2014年3月18日の会議で、保険契約の再審議を開始しました。

IASBは、無配当契約(non-participating contracts)を対象に、以下の点について議論しました。
・契約上のサービス・マージン(CSM)のアンロック
・割引率の変更による影響のその他の包括利益(OCI)での表示

2014年4月の会議では、以下の論点の審議を予定しています。
(1) 保険契約収益
(2) IASBがインプットを求めていない領域に対するコメントの中で挙げられたその他の論点へのアプローチ

今後に有配当契約の審議が予定されており、その時にスタッフは無配当契約の暫定決定を再検討する必要があるかどうか、検討する予定です。

IASBは、2014年中に審議を終了し、2015年に最終基準書を発行する予定です。

詳細は添付ファイルをご確認ください。

(PDF8ページ、119KB)

2014年2月の動向

2014年2月の審議会における「分類及び測定」と「金融資産の減損」に関する動向をまとめました。

詳細は添付ファイルをご確認ください。

(PDF10ページ、90KB)

2014年1月の動向

2014年1月の審議会における「分類及び測定」、「金融資産の減損」、「リース」、「保険契約」に関する動向をまとめました。

詳細は添付ファイルをご確認ください。

(PDF31ページ、175KB)
お役に立ちましたか?

関連トピック