出版物

再建・破たん処理指令 ― 理論から実践へ

デロイト英国事務所から「The Recovery and Resolution Directive - Putting theory into practice」が 発行されました。

関連コンテンツ

(原題):The Recovery and Resolution Directive - Putting theory into practice 「再建・破たん処理指令 ― 理論から実践へ」2014年4月発行

銀行は、破たん処理可能性に関する考慮事項を自行の戦略やビジネス・モデルに織り込まざるを得なくなるとみられます。

本レポートでは破たん処理に焦点を合わせ、破たん処理計画が比較的進んだ段階にある銀行においてさえ経営トップが焦点をあてるいくつかの主な領域を浮き彫りにします。

・ベイルインがグループの構成に与える影響
・情報の要件
・業務の継続性
・破たん処理可能性と全体的な活動との関連づけ

詳細については、添付資料をご覧ください。

英語原文

 

関連コンテンツ

お役に立ちましたか?

関連トピック