出版物

リスクインテリジェントガバナンス ― 取締役会による最先端の実務から学ぶこと

Deloitte米国事務所から"Risk Intelligent governance - Lessons from state-of-the-airt board practices"が発行されました

(原題):Risk Intelligent governance – Lessons from state-of-the- art board practices 「リスクインテリジェントガバナンス ― 取締役会による最先端の実務から学ぶこと」2014年2月発行

2009年発行の『Risk Intelligent governance: A practical guide for boards』(リスクインテリジェントガバナンス:取締役会のための実務指針)のフォローアップとして、今回は、最先端の実務を採用している取締役会の協力を得て私たちがまとめた実際の事例を紹介します。

以下、6つの重要領域を中心に据えています。

・取締役会のリスク監督の役割を定義する
・リスクインテリジェントな文化を醸成する
・適切なリスクアペタイトを理解し承認する
・経営者が戦略的リスク思考を戦略に組み込む手助けをする
・リスクガバナンスプロセスの「成熟度を」評価する
・組織がリスクの説明を利害関係者に必ず開示するように取り計らう

詳細については、添付資料をご覧ください。

英語原文

お役に立ちましたか?