ナレッジ

Performance magazine issue 18

September, 2015

本号では、資産運用を可能な限り幅広く捉え、年金投資との関連において、また保険投資との関連において考察し、グローバル市場の一部として、さらには地政学的変化のための手段として捉えています。中核的な投資運用と投資運用が果たす必要のあるサービスとの相互関係を検討し、好むと好まざるとにかかわらず資産運用という職業の未来をさらに形作ることになると思われる取り組みを取り上げます。

関連コンテンツ

「パフォーマンス 第18号」2015年9月発行

原題:Performance issue 18 (2015年9月発行)

 

<本号目次>

  • 巻頭インタビューーアウトソーシング
  • 委託するサービスの選定と監督ー拡張可能な枠組みの追求
  • EUにおける成長の起爆剤としてのプライベート・エクイティ
  • 規制ウォッチに対する全体的アプローチ
  • 資本市場同盟ーゲームチェンジャーとなるのか?
  • AIFMD報告に関する調査ーこれからの道のりとこれまでの歩み
  • AIFMD―思案と拡大のときーESMAが助言と意見を公表
  • マネー・マーケット・ファンドー米国の2014年規則とEUの2015年規則案の比較
  • グローバルリスクマネジメントサーベイ第9版ーニューノーマルの中での事業経営:増大する規制と高まる期待
  • 保険会社の資産運用ー新たな状況
  • A、C、Hが「コネクト」を意味するとき…
  • アセットサービスー不透明な規制環境に明るい光を見出す
  • 欧州の資産運用会社と資産サービサーにおける不動産投資運用に関する2014年デロイト調査ーほぼ快晴、時々曇りの見通し
  • 投資運用会社はどうすればアルファを高められるか?

 

詳細については、添付資料をご覧ください。
英語原文(PDF)

(124ページ、14,471KB)
お役に立ちましたか?