ナレッジ

展望を拓く3つのテーマ:「回復」「改善」「改革」

Voice of Asia - issue8

2021年は感染症が抑制され経済活動が徐々に回復することで、アジア太平洋地域にとってより良い年になることが期待されます。我々は、3つの推進力がこの地域の今年の展望の形成に資すると考えます。

2020年は間違いなく、未曾有の「危難の年」として我々の記憶に永く残るでしょう。しかし、どんな危難もいつかは終わります。新型コロナウイルス感染症も例外ではありません。2021年は感染症が抑制され経済活動が徐々に回復することで、アジア太平洋地域にとってより良い年になることが期待されます。

我々は、3つの推進力がこの地域の今年の展望の形成に資すると考えます。

第1に、政府が経済を軌道に戻すためにあらゆる可能な政策手段を活用し、企業が通常の活動再開に必要な対応を実施することで、経済は回復の時期に入るでしょう。

第2に、アジア・太平洋全域において、改善のプロセスが進むでしょう。国の経済の基礎的条件の試金石となったコロナ危機の間に、一部の経済地域は他の地域を上回る成長を見せました。コロナ危機は、重要な基礎的経済力を養うことを怠った国々を浮き彫りにしました。コロナという想定外のショックを吸収し早期に立ち直るための国の経済力の弱点に対処することがいまこそ急務です。

第3に、ポスト・コロナの世界がもたらす本質的な変化に適応するために、新しい経済運営・開発モデル構築に向け、アジア太平洋の多くの国は追加的な抜本的改革を実施することでしょう。

Voice of Asia (英語、PDF)
お役に立ちましたか?