ナレッジ

フィデューシャリー・デューティー「顧客本位の業務運営」とは

今、求められるフィデューシャリー・デューティーの解説から取組みまで

ビジネス上よく耳にするけれど、具体的にはイマイチよくわからない。誰かに聞こうにも、今更ながら恥ずかしい。自分で調べようにも時間がないし、どこから調べればよいか分からない―そのようなキーワードを取り上げて、インタビュー形式にて、トーマツの有識者が解説いたします。

関連コンテンツ

最近、投資の世界でよく聞く「フィデューシャリー・デューティー」について、有限責任監査法人トーマツ 金融インダストリーグループにて金融行政の動向等に対応したガバナンスやコンプライアンス態勢等に関するアドバイザリーに携わる、ディレクターの大平博一が解説いたします。
 

【フィデューシャリー・デューティーに関するインタビュー項目】

Q1フィデューシャリー・デューティーとは何でしょうか?
Q2なぜ今フィデューシャリー・デューティーが求められているのでしょうか?
Q3「顧客本位の業務運営に関する原則」とは何でしょうか?
Q4金融機関は「顧客本位の業務運営に関する原則」へどう取組めばよいのでしょうか?
Q5今後フィデューシャリー・デューティーの考え方や金融機関の業務運営はどのように変化していくでしょうか?

つづきは、ダウンロード(PDF)をご覧ください。

 

*掲載内容は、2017年5月のインタビュー当時の内容です。

お役に立ちましたか?