ナレッジ

グローバル規制戦略

Building regulatory-ready organizations

グローバルなベストプラクティスにおける、Deloitte University Pressが発行した「規制対応レディネスが高い組織の構築:資産運用会社における規制およびコンプライアンスリスクの管理」の研究レポートを要約しました。

日本の資産運用会社は、アジア、ヨーロッパ、中東および米国の世界各地で規模を拡大しています。

彼らは従来、日本顧客を基盤としてきましたが、現在はMifidやERISA等複数の管轄地域にわたる複雑な規制に直面しています。その中には時には互いに矛盾しているものもあれば、日本国内の規制や慣行と矛盾しているものもあります。

現地の販売会社と提携している運用会社もしくはホワイトラベル形式で運用戦略を提供している運用会社でさえも、提携先が現地の規制に遵守できるよう支援する必要があります。
。グローバルでの受託資産の増大につれて、異なる地域の顧客にサービスを提供する個々のチームとプロセスをコアビジネスに統合する必要があります。

これは、効率的な方法で日本と各国の全ての管轄地域にわたって一貫した品質とサービスを提供するために、単一のグローバル規制戦略とコアなオペレーティングモデルを必要とし、事業拡大とコスト効率のために十分なスケールを構築するのに役立ちます。

そこで、グローバルなベストプラクティスにおける、Deloitte University Pressが発行した「規制対応レディネスが高い組織の構築:資産運用会社における規制およびコンプライアンスリスクの管理」の研究レポートを要約しました。

原文:Building regulatory-ready organizations (英語、PDF)

(PDF、245KB)
お役に立ちましたか?