FinTechの展望 ~FinTech発展に向けたエコシステム形成~

ナレッジ

FinTechの展望 ~FinTech発展に向けたエコシステム形成~

金融情報システムセンター(FISC)による「FinTechをテーマとした有識者検討会」への参画について

FinTechと総称される高度ITを活用した金融サービスの利用要請が高まっていることを受け、日本の金融機関が顧客のニーズに適応しイノベーションの成果を最大限享受することを目指して、その安全対策の在り方について学識経験者及び各金融機関の代表等が議論を行う「FinTechをテーマとした有識者検討会」に、デロイト トーマツ コンサルティングから執行役員である荻生 泰之が委員として参画しています。

FinTechをテーマとした有識者検討会

日本の金融機関が顧客のニーズに適応しイノベーションの成果を最大限享受することを目指して、その安全対策の在り方について学識経験者及び各金融機関の代表等が6回にわたり議論を行います。当社執行役員である荻生 泰之は委員として参画し、第一回検討会にてプレゼンターとして資料を発表しております。(外部リンク)

FinTechの展望

既存金融サービス事業者とFinTechベンチャー企業の連携が、事業者の仲介やビジネスモデル策定支援を行うアクセラレータや行政により促進され、両者がメリットを享受するエコシステムを形成されると思われます。その結果、顧客リーチ拡大により、蓄積データが増大しサービス向上が実現します。

金融サービス事業者とFinTechベンチャーによるエコシステムの展望図
画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます
お役に立ちましたか?