ナレッジ

保険業界の一大変革時代を勝ち切るためにすべきこと

デロイト トーマツ金融ビジネスセミナー2016 講演報告
「メガトレンドから読む保険業界におけるFinTechの潮流」

マイナス金利という新たな領域、FinTechによる金融サービスの高度化や業際の融合、グローバル化の更なる進展と規制のボーダーレス化といった動きがこれまでにない速度で動いています。これを受けて第3回となるデロイト トーマツ金融ビジネスセミナーでは「次世代の競争に打ち勝つために」と題して、2016年7月7日に開催致しました。

当セミナーでは、デロイト トーマツ コンサルティング 金融事業統括 執行役員の青木 計憲が「メガトレンドから読む保険業界におけるFinTechの潮流」をテーマに講演を行い、保険会社が取り組むべき課題として、トレンド察知、エコシステムの形成、ビジネスモデルの転換などを挙げました。

■ メガトレンドから読む保険業界におけるFinTechの潮流

ロボット、IoT、AI、ゲノムといった技術進化によって、多くの産業においてバリューチェーンの抜本的な組み替えと、それに伴う主要なプレイヤーの交代が起こりつつあります。保険業界ではそのインパクトが非常に大きく、業界への参入障壁が低くなりつつあり、特に「バリューチェーンの分離への対処」と「“繋がる世界”での保険ビジネス」の視点でのコア・コンピタンスの確立が急務となっています。
FinTechの多大な影響が予想される保険業界の主な分野は(1)ビジネスエコノミー、(2)インダストリーダイナミクス、(3)顧客/代理店経験、(4)商品/サービス、(5)販売、(6)オペレーションの6分野が挙げられます。

画像クリックで拡大画像をご覧いただけます
■ 保険会社が取り組むべき課題

テクノロジーの革新やグローバル化が急激に進み、保険業界のディスラプションは着実に起こり始めています。過去にない劇的な環境変化への適応が保険会社の生死を分ける可能性があり、保険会社が取り組むべき課題として、トレンド察知、エコシステムの形成、ビジネスモデルの転換、グローバリゼーション、社会アジェンダが挙げられます。

画像クリックで拡大画像をご覧いただけます
メディア掲載履歴

・ 保険毎日新聞 2016年8月8日 「FinTechの影響、エコシステム形成が課題」

日経産業新聞 FinTechの未来連載記事(2016年7月13日、14日)

・ 週刊エコノミスト 2016年7月5日号 FinTech最前線!
 「海外の生損保 劇的な変化の時代が来た フィンテックが生死を分ける」


講演履歴

経済産業省 産業・金融・IT融合に関する研究会(FinTech研究会)への参加 2016年2月22日
デロイト トーマツ金融ビジネスセミナー 2016 2016年7月7日

お役に立ちましたか?