ナレッジ

オープンバンキング

不確実な未来においていかにして成功を収めるか

顧客の銀行取引データ共有を義務付ける「オープンバンキング」規制改革が、イギリスの従来型リテール銀行ビジネスモデルやリテール銀行の戦略オプション、オープンバンキングが成功するために取り組むべき課題などについて考察します。

Content Date: 2017年1月15日(Last Reviewed: 2018年2月23日)

英国では、顧客の預金口座変更の割合が低い水準に留まっており、大手金融機関の寡占状況が続いていた。
しかしながら、以下の要因により、この寡占状況に変化が起きつつある。

  • 英国競争市場庁によるオープンバンキング(銀行取引データ共有)の義務化
  • スマートフォン普及などに代表されるデジタル化の進展
  • 他業界からの新規参入による新金融サービス形態(「マーケットプレイス型銀行」)の登場
    こうした不確実な未来を生き抜くために必要なスキルや能力を考察する。

スライド資料(日本語)は右のアイコンより、ダウンロードアクセスが可能です。またDeloitte UKオリジナルの総レポート(英語)はこちらからアクセスが可能です。

UKオリジナルサイト:Open banking - How to flourish in an uncertain future

(PDF、711KB)
お役に立ちましたか?