サービス

金融機関向けシステム監査

近年、情報システムは企業の業務を支えるインフラであるとともに、企業の成長戦略を達成するために欠かせないツールとなっています。しかしながら、情報システムへの依存度が高まるにつれて、情報システムは高度化・複雑化しており、損失を発生させるリスクは増大しています。また、システム投資の増加に対して期待される費用対効果も高まっています。

関連コンテンツ

情報システムは金融機関の業務を支えるインフラであるとともに、経営戦略を達成するための欠かせないツールとなっています。しかしながら、情報システムへの依存度が高まるにつれて、情報システムは高度化・複雑化しており、損失を発生させるリスクは増大しています。
また、企業活動のグローバル化、経費等のコスト削減や事業の中核部分に経営資源を集中させることを目的とした情報システム業務のアウトソーシングが拡大し、海外拠点や外部委託先を含めたITガバナンス、システムリスク管理への適切な対応が、企業の健全な成長の鍵となっています。
豊富なシステム監査実績を持つデロイト トーマツ グループのプロフェッショナルが、情報システムを取り巻く環境への適切な理解に基づき、リスクアプローチを徹底し、効率的かつ効果的なシステム監査を実践することで、信頼度の高いアシュアランスを提供します。また、発見された問題点に対しては、クライアントに適したアドバイスを行い、より高度なITの活用を支援します。